高速道路で、ちょっとハンドルを切った感じ。。。。。作品紹介

2017年04月26日

ちょっと予定よりも遅れましたが、無事焼き上がり窯出しをいたしました。


i0425a.jpg

これ、一部ね。




陶工房きんときを始めたときから使っている、オリジナルの土を使っての作品です。
(何者か分かっている釉薬を使えるからね。)

同じ透明釉でも、いままでの釉薬よりも少しだけ艶を抑えたいと思って作った釉薬。


i0425b.jpg

上の花柄が以前からの釉薬。
下のイエローラブが新しい釉薬。



i0425c.jpg


う~~ん、写真で見るとあまり違わない?




i0425d.jpg

これなら違いが分かるかな。
上の花柄が以前からの釉薬。
下のラブ柄が新しい釉薬。

同じ土なんだよ。

ほんのちょっと艶を抑えただけなのにこんなに違う。
考えていたよりも、ちょっとマット感が強かったかな。
どちらがいいかな。



i0425eきんとき

同じ土を使い、ほんのちょっと手を加えただけでこれ程違う。
高速道路でハンドルを切る感じ・・・分かるでしょ。




そうそう、
とうさまが粘土の割合を間違った土
ロクロを引いたものは粘土に戻したけれど、2個だけ残しておいて焼いてみた。


i0425f.jpg

左が間違った土、

う~~ん、
写真じゃさほど違わないようだけれど実物は結構違うの。
自宅で夫婦湯呑で使おうか。


陶工房きんときのホームページは休業中なので、
大きさや、お値段とか作品を紹介させて頂きますね。



i0426a.jpg

長方形皿  黒ラブ、イエローラブ   各2400円

約26センチ×12センチ 高さ約2.3センチ 重さ約500g


高台は、

i0426f.jpg


サイドから見ると

i0426g.jpg

長方形のお皿は結構使いやすく食卓への登場回数が多いです。










i0426d.jpg

四角鉢 黒ラブ、イエローラブ   各2000円

約13センチ×13センチ  高さ約4センチ     重さ約350グラム前後


i0426h.gif

高台は四角が4つ。



i0426e.jpg

側面4面に足跡のレリーフが付いています。






i0426n.jpg

マグカップ 黒ラブ、イエローラブ 各1800円

径9センチ~10センチ  高さ8センチ~8.5センチ  重さ約211g~278g


i0426l.jpg

取っ手の反対側に足跡マークがついています。


i0426m.jpg

見込み。





*土に石の粒を入れているので表面に粒々感があります。
*窯の中の置き場所によって、それぞれ若干の色の違いがあります。
*絵はプリントではなく手で描いているので、一つ、一つ顔つきが違います。
*わんこのカラーも手描きなので、濃淡があり緑~茶色と幅があります。




ご質問、ご興味のある方はページ右側のメールフォーム、
または鍵コメでどうぞ。

明日も続きを紹介させてくださいね。




天使になったきんときに、ポチっと応援お願いします。

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

らっきょが玉ねぎになって、ネギネギ交換

2017年04月24日

あのラッキョウのような玉ねぎは、あれから二十日余りたち、見事玉ねぎになりました。



i0424a.jpg

ほれ、
玉ねぎでしょ。





i0424b.jpg

もう、ラッキョウとは言わせない。




i0424c.jpg

二十数個収穫した一部はカーポートに干してみた。
何となく農家の雰囲気。
使う時に取りに来よう。



ふれ込みよりも収穫は4か月も遅かったけれど、
初めて栽培した玉ねぎの収穫がうれしくてお友達におすそ分けがしたくなった。


連絡したらお時間が取れるとのことで、ランチに行く事に。
迎えに来てくれて渡されたものは、

「ネギ」  だった。


びっくりしたけど、長ネギ。


i0424h.jpg

使い道が全然違うからうれしいね。


ではと、まずは素敵な雑貨を売っている不思議舎さんへ。
(お店の写真を撮り忘れた。)
素敵な品々を見て楽しんで、


さっ、ランチ。
行き先が決まっていなかったので、タウン誌に載っていたお店に行く事に。
行ってみたら、臨時休業。

で、もう一つ載っていたお店に。


i0424d.jpg

こんなちとが寝ていました。
バセットハウンドちゃん。

んん?

見たことあるような。。。。

お店の中に飾ってある写真も見たことある。


なんと、お会いしたことはありませんでしたが
以前ブログを拝見したことがある方がオープンさせたお店でした。

「6月の犬」という名のお店 「じゅしあん」さん。

i0424e.jpg

日替わりの定食を頂きました。


こちらでもゆっくりおしゃべりをし、
でもあまりの長居は申し訳ないので、場所を変えて「美野里」さんへ。

i0424f.jpg

ゆっくりお花を眺めながらお庭をお散歩し、珈琲を頂いて帰ってきました。

ネギネギ交換で楽しい時間を持てました。



i0424gきんとき

はい、
おっしゃる通りでございます。


天使になったきんときに、ポチっと応援お願いします。

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村


おもしろスナック452・・・みたらし焼きまんじゅうせんべい

2017年04月23日

おもしろスナック452。


i0423a.jpg

みたらし焼きまんじゅうせんべい。

あっさりしたトップ画面。





i0423b.jpg

裏面も
あーだの、こーだのと講釈がない。

開封後は早めに食べようとか、
アレルギーのあるものと同じラインで作ってますとか、
普通の事しか書いてない。

上州の焼きまんじゅうを真似ましたとか、
どこそこのお醤油を使いましたとか・・・一切無。

いさぎ良いのか、そこまで手が回らないのか?

味で勝負だ!・・・とうことか。



i0423c.jpg

形を見ると、サイズ的にみたらし焼きだんごのように見えちゃうね。





i0423d.jpg

よく見ると、
みたらしのぷくぷく感が「焼きまんじゅう」だと主張している感じ。

見た目よりもサクサクして、ちゃんと「だんご」じゃなくて焼き「まんじゅう」感が出ていました。
お味はもちろんみたらし味。
以前なにかでみたらし味のスナックを食べたけれど
みたらしの甘みが少なかった記憶が。

こちら、みたらしらしいみたらしでした。

ローカルメーカー頑張ってます。



天使になったきんときに、ポチっと応援お願いします。

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村




きんときのお散歩・・・「金の時」宝物の時間

2017年04月21日

一昨日、無事に本焼きの窯が焚けました。
ほんときんときのご加護です。

窯出しはまだ、さてさてどうなったいることやら。


4年半ぶり以上の釉薬掛けと窯詰だった。

いつも自宅ショップを開くときは「きゃ~、間に合わない!」状態の日程になってしまっているので、
ほぼ一日で釉薬掛けと窯詰をこなします。



i0421a.jpg

今回は下絵付けがあったから、3日くらいかかったのよ




とにかく、釉がけと窯詰はとても神経を使うのです。
本焼きの窯は釉薬の違いなどによっても変わりますが、だいたい1200度から1300度くらいの温度で焼きます。
それも16時間くらいかけて。
こんな高温で焼くので、ほんの些細なミスが命取り。
高速道路でハンドルを切る感じかな。

だから陶芸体験なんかにいっても、
陶芸教室にいっても、中々釉かけなんてさせてもらえないよね。

窯詰も慎重に。
高台の釉薬はシッカリ取れてるか、
並べた作品は隣同士触れていないか、支柱にも触れていないか、棚板から大きくはみ出していないか。
支柱の高さは最適か。
(あまり余裕を持たせると、最後の一段が入らなくなることもあるからね。)

i0421b.jpg

すっきり、ぴったり詰めた時はうれしい。


この一連の作業は続けてしたい。

けど、きんときがいたころはそうはいかなかった。

もう、仕方がないと中断して、慌ててきんときのお散歩。
きんときには申し訳ないけれど、ちゃっ、ちゃっ、ちゃっと済ませて、
また、釉薬掛けと窯詰に戻ってた。

そうなの、今回の釉薬掛けと窯詰はちょっとせつない記憶をよみがえらせた。
きんときへの申し訳なさが込み上げる。



i0421cきんとき


自宅ショップの前は、数か月間つづいた制作で遊んであげる時間もなくて、
その後半の釉薬掛けと窯詰の時はお散歩にも満足に連れて行かれなかった。



2012年11月の自宅ショップで陶芸をお休みしてほんと良かったと思う。
お休み中の数年間は、季節によってきんときに一番いい時間帯を選んで
カートに乗っけて、のんびりお散歩を楽しむことができた。
びっしり一緒にいられたからね。

この時間はほんとかけがえのない時間。
今になると、宝物の時間。


今回の釉薬掛けと窯詰は何も制約ない。
(とうさまの食事の用意くらいかな)
楽だけれど、寂しいな、

ね、きんとき。



天使になったきんときに、ポチっと応援お願いします。

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

あんたは・・・誰?

2017年04月19日

突発的なご用が出来たりして、陶芸のほうの予定が大幅に遅れてしまい、
フェスタの開催が延期になって助かったかあさま。

さてさて続きをと。


i0419a.jpg

この、
訳の分からなくなった正体不明の釉薬を調べなければいけない。
実際はこの写真に写っているバケツの他にもあるのだよ。




i0419b.jpg

適当に粘土に12個の窪みを作って、番号をつけ、
バケツにも番号をつけ、それぞれの番号の窪みに釉薬をつけた。
それでも足りなくて、穴の横にも釉薬を付けたよ。(赤い矢印ね)


いったい釉薬のバケツは幾つあるのか。。。。

焼き上がって似たような釉薬は混ぜちゃおうかな。



珍しく忙しかったかあさま。
お久しぶりにきんときファームを見ると、


芽が出た小松菜の列の間に、

i0419c.jpg


あんた、誰?


きんときファームにも正体不明な芽が出てた。

そういえばこの辺は冬の間
後々、肥料になるようにと野菜くずを埋めた場所。

う~~ん、いったい何者?

カボチャくらいしか、思い当たらないけど。

きんとき家には、正体不明な物があり過ぎる。


i0419dきんとき

名探偵きんときさん、調べてみてくださいな。






天使になったきんときに、ポチっと応援お願いします。

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村


最新記事