もう食べちゃった・・・と思ったら

2017年07月26日

あんなに大量に買って来た桃も、さすがに食べてしまって無くなっちゃって、
あんなに豊作だったインゲンとナスも夏バテしたようで収穫が激減したきんとき家。


が、

神様は見捨てなかった。


i0726a.jpg

お空のお友達、黒ラブのHちゃんから桃が届きました。
すでに1つ無くなっているのは、



i0726b.jpg

もちろん、
きんときに、いの一番にお供えしたから。

これで、またまた季節の味を楽しめちゃう。


そして、

i0726c.jpg

こちら。
やはりお空のお友達、黒ラブDちゃんから。
Dちゃんのおじいちゃま作のお野菜。
何して食べようかな。


で、
珍しく腕を振るったかあさま。


i0726d.jpg

お昼ご飯に、トマトの冷たいパスタを作ってみました。




i0726e.jpg

夕食には、
おじゃがと玉ねぎでビジソワーズを作ってみました。

自分で言うのはなんだけど(って言いてる)
なかなかの出来でしたぞ。


ご馳走さま、



天使になったきんときに、ポチっと応援お願いします。

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

華岡青洲の妻・・・のような犬

2017年07月21日

今回焼いた窯には、
9月の三回忌からドッグフードをやめた後に使う、きんときの食器も入っていました。

でも、色々な試しの要素が大きく、

きんときの食器は実験台。


麻酔薬の実験台になった、華岡青洲の妻のようだな。
でも、奥様は自ら進んで実験台になったんだよね。
きんときは、違うか。。。



i0721a.jpg

こんなのよ。





i0721b.jpg

ご飯茶わん、小皿、おかずを入れる小鉢。
どれも、直径が7、8センチの小さいもの。




i0721c.jpg

小皿は見込みにお顔と名前そして周りに花模様。








i0721d.jpg

ご飯茶わんは外側に花模様。
高台周りに赤い点。





i0721e.jpg

おかず用の小鉢も外側に花模様。


なんですけれど、

思っていた色と全然違う。

「チャライ色じゃんか」


一つ、一つはいい色なんだけど、
組み合わせが悪い。
思っているイメージと全然違ってしまった。
地色も思っていたのとはちょと違う。
実験失敗か。。。。

この絵の具、
一つ900円から1500円位なのよ。

また、買って来なきゃだめかな。



気持ちを切り替えて、使ってみました。


i0721f.jpg

白いご飯とゴーヤチャンプルー。
なぜか、ゴボウ炒り・・・・は、は、は。

最初に盛り付けたおかずがしょぼいね。
満足いかない出来だったからと言い訳しよう。
それにきんときの側から見ると、ご飯とゴボウ炒りの場所が交換だね。



i0721gきんとき

次は、もっといいものを・・・・って、思ってます。





天使になったきんときに、ポチっと応援お願いします。

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

きんときファーム、お盆にスイカが間に合った。

2017年07月18日

とにかく暑い。
毎日、暑い。

なのに、梅雨はまだ明けていないそう。
9月になってから、見直すのかな。


きんときファーム、
この猛暑で、

i0718a.jpg

例年梅雨明けと共に枯れてしまうきゅうりは、
自分で勝手に「梅雨明け宣言」をして、枯れてしまった。




i0718b.jpg

しかし、
ミニゴボウは邪魔なくらい奔放に成長。




i0718c.jpg

赤いパプリカも色づいてきた。




i0718d.jpg

大玉トマトもね。





i0718g.jpg

ある日の朝の収穫はこれくらい。

今年は、長ナスとインゲンが大豊作。
旅立ったきゅうり、ラスト1本の収穫が花を添える。





i0718e.jpg

また、ある日は、これくらい。





i0718f.jpg

中を広げてみると、このくらい。

毎日、毎日、
インゲンとナスを食べているきんとき家です。


そうそう、
我が家の小玉スイカ。


i0718h.jpg

収穫が7月のお盆に間に合った。

まあ、お隣の桃に比較して、そのサイズがちょっと寂しいけど、
きんとき、喜んでくれたかな。


中身?
まだ、切ってないのよ。


i0718iきんとき

はい。



天使になったきんときに、ポチっと応援お願いします。

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村








きんときの楽しい思い出を集めて・・・我が家の夏の風物詩

2017年07月12日

多くの方から、心の持ちようとか励ましの言葉とかを頂いて
またまたきんときがかあさまに残していってくれた、暖かいご縁に感謝するのでした。

気持ちというのは、一朝一夕には変えられないけれど、
自分の事を気にかけてくださっている方がいらっしゃるっていうことは、
ほんとうれしいこと。
幸せなこと。

わんこは無くなってからも親孝行。


悲しさ、辛さは消えないけれど、楽しい事も思い出そう!


もう、皆さん見飽きちゃったと思うけれど「我が家の夏の風物詩」

またまた貼り付けちゃいます。












楽しかったね。
きんとき。


天使になったきんときに、ポチっと応援お願いします。

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

2年目こそ危険・・・気を許すと鮮明化

2017年07月10日

6月末まで旅行に行けていたきんときが、
1本のインターフェロンの注射で危篤状態になりERに駆け込んだ7月。
それから2か月して旅立った。

自分たちが選択した治療方法で、結局きんときの死を早めてしまった事実。
病気で我が仔を失ったのとは違い、この事実は重い。

自分が死なせた・・・という気持ちが消えないんだぁ。

1年目は慎重に全ての事を封印して、耐えた。
まるで、そこだけ記憶喪失みたいに。

が、

2年目になると気が緩んでフラッシュバックしてしまう。
もう、2年だよって言われそうだけれど、
失ってた記憶が蘇ったように、かえって精神状態が不安定になるこの頃。


でもここ数日猛暑の中、外での(釉薬掛けはカーポートの下でするの)釉薬掛けをこなしてたら
辛い記憶がよみがえる時間が減っていた。
身体を酷使するのはかえって助かるんだな。

晩年、24時間きんときとべったりで過ごし幸せだったけれど、
きんときを失ってから、何もすることなくただただ鬱々と過ごしてた。

しっかりお勤めをしながらも愛犬の看護や介護をなされていた方は
ほんとうに大変だったろうと思う。
でも、我が仔を亡くしてどうしようもない気持ちの時も、否応なく仕事に行かなければならないから、
仕事をしている時間だけは、少しは気持ちが落ち着いたのでは。。。。勝手な想像だけれど
ここ数日、感じてた。

今回、お仕事を頂いて苦しい7月をちょっと乗り越えられそうでありがたい。




i0710aきんとき



これもきんときがつないでくれた「ご縁」。
ありがとうね。




天使になったきんときに、ポチっと応援お願いします。

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村


最新記事