FC2ブログ

待てない お・と・こ

2019年09月03日

夏はお家に引きこもり、過ごしていたきんとき家。
9月になって夏休みも終わった頃、山梨の日帰り温泉へ行こうと話していた。

そんな時、お友達から山梨の美味しいブドウを頂いた。
そうしたらとうさま、「山梨行きたい」気持ちに火が付いちゃった。

まだ、夏休み中だから混んでいるよ。
それに、まだシャインマスカットは最盛期じゃないよ。

と、いっても
「行きたい熱」はおさまらない。

もう、待てない  お・と・こ

こういう事は頑固なのだ。
仕方がないので、急きょ行く事に。


k0903b.jpg





k0903c.jpg

慌てて準備して、
ミニきんときも、いつもの定位置に座り出発。




k0903d.jpg

勝沼のぶどう棚を見ながら
いつもの桔梗屋さんへ。




k0903e.jpg

8時過ぎに到着したけれど、
さすが夏休み。
詰め放題の整理券をもらう人たちの列は、コンビニの後ろを周って、
そして矢印の方へと伸びて、さらに敷地の外まで伸びている。

きんとき家は詰め放題はしないので、
普通のアウトレットの方へ。
前に並んでいる人は3組くらいかな。


k0903w.jpg

お買い上げ。
でも、大好きなプリンはない。
そして信玄餅はお一人様1個だけ。
今回初めて買った物は、あまり好みの物ではなかったな。
それに、以前よりも商品が少なくなっていた。
夏休みだからかな。



そして、農協のぶどうの直売所へ。



k0903t.jpg

シャインマスカット。
やはりちょっと早かったかな。
きんとき家が買ったお店は制限はなかったけれど、
黄桃を探しに回った他の直売所ではお一人様1パックの制限があったのよ。




k0903u.jpg

シャインマスカットが栽培される前人気があった、懐かしいロザリオビアンコ。
最近はめったに見かけることがないけれど、売っていた。
赤いぶどうはゴルビーという品種。




k0903v.jpg

やっと見つけた黄桃。
黄桃は2回最盛期があるみたいだけれど、今は早いのと遅いのの端境期みたいでどこも売ってない。
これは加工用と表示して売っていた。とっても安かったものね。
普通に食べられそうなのは4個くらい。
あとはコンポートにしました。




k0903x.jpg

あと、
干し芋と生の落花生。


そして、いつも寄っているパン屋さんコーナーポケットさんへ。

昨年来た時は工事中だったけれど、
今回は新しい店舗。


k0903f.jpg

わあ、




k0903g.jpg

子供が喜びそうなパン。
かあさまは嫌だけど。笑
クワガタの脚が何本あるのか知らないけれど、
本体から取れず、そして折れずに焼くのは大変だろうなあって感心。






k0903h.jpg

お店の前には購入したパンを食べられるデッキが




k0903i.jpg

そして、ちゃんと温めるトースター、
珈琲まで頂ける。



k0903j.jpg

きんときと来た時もこちらで頂いたことがあるので、
立ち寄り湯の食堂で食べるのはやめにして、ここでお昼に。
ピザもパンも熱々で頂けました。




そして、次の目的地へ。

きんときがいた頃は、夏の暑い時期、
お買い物をしたら、まっすぐ帰宅だったけれど、
今は、とうさま大好きな日帰り温泉に立ち寄るのよね。



k0903l.jpg

色々遊べるベルガというところにあります。



k0903m.jpg

森の中を進んでいく・・・・が
温泉の場所が分からない。


何度か案内板を見ながらやっと到着


k0903n.jpg

「尾白の湯」
「おじら」というようです。

露天風呂の有馬温泉のような色をしたお湯は、
温泉の濃度がとても高いそう。

ベルガの他の施設は夏休みの子供たちがいっぱいでしたが、
こちらの温泉は空いていてゆっくり出来ました。
子供は温泉は好きじゃないかもね。


そして、こちらには白州の名水が。


k0903o.jpg

涼しい森の中。




k0903p.jpg

お水を汲みます。




k0903q.jpg

汲んでる人は誰もいない。。。。



k0903r.jpg

消毒されていない天然水。
冷蔵庫にはそれ程入らないので、少しだけね。




k0903s.jpg


ぶどうを買って、温泉に入って、
とうさま、満足して帰宅です。



ぽちっと応援、お願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド生活へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



体温が高くなると、免疫力が上がるのか。

2019年08月02日

とにかく一晩中寝ていたとうさまです。


翌日起きると、ありがたいことに結構  、、、いえ、
驚くほど体調が回復していました。
(とうさまは大好きなアルコールを飲まず、それ以上に大好きな食後の温泉にも入らないほどの重症だったのに)
でも、予定を変更して真っ直ぐ自宅へ戻ろうと提案。
それでも、もう一泊しないで済むだけ良かった。

でも、とうさまは大丈夫だから、予定通り寄り道して帰宅しようと主張。
予定では日本海側の酒田に寄ってから帰ろうと思っていたのです。

まだ喉は痛いけれど、体調は大丈夫と。

昨日はあれほど体調が悪かったのに。
それに温泉に入って、体力を消したハズ。

なのに なぜ?

「体温が上がると免疫力がアップする。」と聞いたことがある。

温泉に入って体温が上がって、免疫力がアップして風邪に勝ったのか。

とても前夜の体調の悪さからは想像もできない回復。
歳なのに。。。。



k0731y.jpg

これはかあさまの朝食ね。

朝食も食べられた、とうさま。
絶対、酒田へ行こうと言うとうさま。

もし途中でまた体調が悪くなったら、そこでもう一泊すればいいか・・・・
と、酒田に行く事に決定。


さあ、出発です。



k0801a.jpg

最上川が蛇行したところにある



k0801b.jpg

ここは



k0801c.jpg

どこなの?


k0801d.jpg

韓国風の建物があるのです。


ここは、道の駅 とざわ

「モモカミの里 高麗館」というのがあるのです。
こちらの戸沢村と韓国とは30年以上まえから交流があるそうです。

k0801e.jpg

韓国らしい彫刻。


k0801f.jpg

冬のソナタがブームだったころはとても人気があったでしょうね。


k0801g.jpg

こちらではキムチの素を購入。

さて、次に進みます。

k0801h.jpg

最上川を右手に見ながら


着いたのは、

k0801i.jpg

風力発電の風車がある、
道の駅 しょうないです。

こちらでお昼ご飯を頂きます。


k0801j.jpg

かあさまのお餅セット
きな粉と餡、そしてお雑煮の3種です。




k0801k.jpg

とうさまのピリ辛豚丼。
喉の痛みが残っているのに、ピリ辛豚丼はちょっとね。

どちらもボリューム満点。


お腹いっぱいで残してしまいました。
ごめんなさい。


k0801n.jpg

庄内はお米の産地。
なので、新しい品種の「雪若丸」とミルキィークイーンを購入。


あと、

k0801l.jpg k0801m.jpg

ちょこっとお菓子と、この日の夕食を購入。


k0801o.jpg

まだ雪の残る鳥海山をみながら酒田へ向かいます。



着いたよ。

k0801p.jpg

酒田にある山居倉庫。



k0801q.jpg

大量の米の輸送に活躍した「小鵜飼船(こうがいふね」が復元されています。




k0801s.jpg

近くで見ると、大きいです。



k0801r.jpg

ケヤキ並木と山居倉庫。
いい感じ。



k0801t.jpg

暑い日でしたが、木陰は涼しいわね。


k0802a.jpg

地元の農産物を売っているお店で、生の山椒の実が売っていました。
それも1パック100円。
さっと茹でて冷凍にしましょう。

そして、こちらは庄内メロンが有名。
とてもお安く売っています。

でも北海道から
夕張メロンを箱買いしてきたので、買いませんでした。

k0802c.jpg

こちらは、北海道で買って来た夕張メロン。

とうさまは前日鳴子で日本酒を買わなかったので、
酒田で1本を購入。

k0802b.jpg

この中の1本が酒田で買ったの。
(備前のは貰って来たもの。)


酒田観光は欲張らず、帰路へ。
日本海東北自動車道を通り、鶴岡JCで山形道へ入り、月山方面へ。

k0801u.jpg

どこか忘れましたが、途中のSAで遠くに見える山の紹介がありました。
でも、ちょっと時間が経っちゃったのでよく覚えていません。


k0801v.jpg


k0801w.jpg


k0801x.jpg

月山、湯殿山、羽黒山。
出羽三山のどれかな。
羽黒山はちょっと離れているか。。。。



トンネルの多い道を通り、
また山形道に乗り、寒河江SAに到着。

k0801y.jpg

ただのさくらんぼソフトクリームではなくて、
「佐藤錦」とうたったソフトクリーム。

東根でジェラードを食べず残念だったもの、


k0801z.jpg

もちろん、食べました。

うん。
さくらんぼの缶詰のお味でした。

一休みして、村田JCへ。

無事東北道に乗り、自宅を目指します。。。。

白河ICを過ぎたころから、車内が甘い香りに包まれる。
ジュースも飲んでいないのに、この甘い香りは????

香の元は、「夕張メロン」
買う時はまだ熟れていない、緑の濃いのを選んだのですが、
この日の酒田の気温は28度。
そんな中で駐車した車内に置かれたメロン、
急に熟してしまったようです。

白河の関を超えてから、きんとき家の車は甘い香り満載でした。



鳴子でのアクシデントはありましたが、

k0802d.jpg

2500キロにおよぶ今回の旅行、無事に帰って来れました。
ありがたいことです。

今回は、途中でもお土産の紹介をしましたが、
まだ紹介していなかったものもあったので、おおざっぱですが載せておきますね。


k0802e.jpg

お菓子類。
もう、実家で食べてしまった物もあるから、これだけ。



k0802f.jpg

秋田の道の駅で買った物。



k0802g.jpg

ワインと北海道のコアップガラナ。



k0802h.jpg

色々なところで買った蜂蜜。



k0802i.jpg

なぜか、ニッカの中に一緒に入っていたサントリーのウィスキー。
多分かあさまがいない時、義母に買ってもらったのでしょう。



k0802j.jpg

実家近くのスーパーでやっていた名古屋フェアで買った名古屋名物。

まだまだ色々とあったのですが、なにしろ時間が経ってしまったので、
すでにお腹に収まったものも。



旅行のお話もこれで終了です。

長々続いたお話にお付き合いいただき、ありがとうございました。
ただでも記憶が曖昧なかあさま。
書いている地名など間違いがあるかもしれませんが、
どうぞ、皆様の知識で訂正してお読みいただけたらと思います。


次回からは、普通の日常のブログに戻ります。
どうぞ、懲りずに読みに来て頂けたらうれしいです。


ぽちっと応援、お願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド生活へ
にほんブログ村





好事魔多し・・・・きんとき家、ピンチ?

2019年07月31日

これ、おまけの画像。

k0731a.jpg

北海道で見つけた消火栓。
雪が積もるから立体的、そしてレトロで可愛い。


2週間近くに及ぶ北海道滞在を終え、帰路へと向かうきんとき家です。
夜中0時半頃のフェリーに乗り青森を目指します。

青森に着くと、もう明るくなっていました。
東北道に乗り、一路今日の宿泊地を目指します。
今までは真っ直ぐに帰宅していたのですが、
とうさまもお年をとったので、今年は一泊して帰ることにしたのです。


高速を古川ICで降りて


k0731b.jpg

東北で一番人気があるという あ・ら伊達な道の駅へ。



こちらの道の駅、北海道のお土産で有名なロイズチョコレートのお店があります。
見てみると、その品揃えの多さにビックリ。
なんでも、ロイズのある当別町はこちらの方々が開拓したという歴史があり、姉妹都市となっているからだそうです。

この時、石垣島フェスティバルをしていました。

黒砂糖大好きのかあさま、


k0731c.jpg

買いました。
チョコレートでも大丈夫、クーラーボックスがあるからね。


そして、


k0731d.jpg

きんときファームの状態が分からないので、
お野菜も購入。



k0731e.jpg

朝食用の栗おこわとお餅セットを購入して
こちらのベンチで朝食です。


ここまで予定通り。


朝ご飯を頂いて、この日宿泊予定の鳴子温泉を通り過ぎて立ち寄り湯へ。


k0731f.jpg

「しんとろの湯」



とても人気があると聞いて来てみたかったのです。

お風呂自体は普通の浴槽が1つ。
でも、人気。

その理由は「お湯」
とってもトロトロのお湯なのです。

入ってみると、ほんとトロトロ。


ビックリ。

こちらでは
木の樋を使ってお湯を適温にする加水なしの、源泉かけ流しです。


こちらのお風呂の椅子、
ちょっとレトロっぽい、プラスチックで出来ている木を模した座面が平らな椅子なのですが、
かあさま、椅子をずらそうとして滑って落ちそうになったほどでした。
(ほらそこで、笑わないように)

機会があったらまた来たい温泉です。


さて、鳴子温泉へ戻って、お昼ご飯です。


k0731g.jpg

伺ったのは小花さん。お蕎麦屋さんです。



k0731h.jpg

とうさまは温かい鳥蕎麦。



k0731i.jpg

かあさまは冷たいとろろ蕎麦。

とうさま、暑いのに熱いお蕎麦かい・・・・・


お腹もいっぱいになったので、ちょっと散策。


k0731j.jpg

鳴子温泉神社。



k0731k.jpg

鳥居があるからすぐそこかしら?

って思ったら



k0731l.jpg

うわぁ。階段。

でも、めげずに。



k0731n.jpg

やっと到着。
今まで入ったいい温泉に感謝。


そして、神社のとなりには


k0731o.jpg

鳴子の共同浴場、「滝の湯」があります。

ちょっとレトロないい感じ。
浴槽は2つ、少し白濁したお湯です。
大きい方はちょっと熱め、小さい方はぬるめで入りやすいです。

この日2つ目の立ち寄り湯。

出てくると、


k0731p.jpg

ニャンコさんが。
この仔の他にも、何匹かいる。
ニャンコが多い土地柄かな。


2時になりました。
この日お泊りするお宿の姉妹旅館の大江戸温泉 ますやさん日帰り入浴が出来る時間です。

この日3回目の温泉。
チェックイン前なのでどなたもいなくて、ゆっくり。
とても見晴らしのいい温泉でした。

たくさん温泉に入って大満足な二人。
駐車場へと戻ります。

その途中見つけた喫茶店。
美味しそうなかき氷が。

とても大きそう。
「二人で一つでもいいですか?」とお聞きしたらOK。


k0731q.jpg

今流行りの、ふんわり系。
たっぷりイチゴに練乳でおいちい。
いっぱいお湯につかったから、体を冷ますのにちょうどいいなあって思ったら、

とうさま
「冷える・・・」と。

えっ?

とにかく車に戻り、お宿へと向かいます。

お泊りは、

k0731r.jpg

格安の宿泊料金で泊まれる大江戸温泉グループの「幸運閣」さん


k0731s.jpg

こけしさんがお出迎え。

この日は日曜日。
土曜日程混んでいないかと思っていたら、
チェックイン待ちの列が出来ていました。

さすが、お安ので人気があります。


今回、初めて帰りに一泊。
とにかくお安く休めたらいいねとこちらを選びました。
一番お安い60日以上前の早期予約と
スーパーセールのクーポンを使って、ツインで2人分13000円切る料金。

狭いツイン洋室だと思ってたら、


k0731t.jpg

ベッドがあって、



k0731u.jpg

椅子セットがあって



k0731v.jpg

小上がりまで付いている。

もちろんバス、トイレ付き。

おまけに、申し込んだときはなかったのですが、
6月くらいから夕食時、アルコール類も含めてフリードリンク付きになっていたのでした。

この日は入りたかった温泉にたくさん入ることが出来て、
お部屋は思いがけず広いお部屋で、
予約時はなかった夕食時は飲み放題付。


まあ、なんてラッキー!

でも、

「好事魔多し」

フェリーに乗る頃から、喉がいがらっぽいと言っていたとうさま、
本格的に喉が痛くなって来たのでした。

でも、温泉大好き人間のとおさま、
こちらの温泉はすべて入り、隣の別館の温泉までしっかり入ったのでした。

しかし、ここで力尽きたか。

こちらの食事はバイキング。
食事の時間になって食堂に行くと、
「喉が痛くて食べられない」
そして、「人生で初めてビールが不味いと感じた。」と。

せっかく4種の地酒の飲み比べが出来たりとアルコールも飲み放題なのに。。。。。


とうさまはちょこっと食べられそうな物をとって来ましたが、
不味そうにやっと食べたのでした。


かあさまは

k0731w.jpg

子供のように海苔巻きや、にぎりは卵、
そして、フルーツなんかをチョイス。
せっかくのバイキングなのにね。


そうそう、

k0731x.jpg

自分で作るソフトクリームも食べました。

お宿の名誉のため書いておきますが、
メニューは多種多彩で、ステーキや天ぷら、などもあり
このお値段では十分なお料理でしたよ。


早々に食事を終え部屋に帰ると
とうさまは寒気がすると、持って来た風邪薬を飲んで寝てしまいました。
おでこを触るとちょっと熱い。

クーラーボックス用の保冷剤をタオルに包んでおでこに乗せます。
5時半からの夕食でしたが、6時にはベッドに寝てしまいました。

暑いのに熱いお蕎麦を食べ、
お風呂上がりのかき氷を食べて寒がる・・・・

前兆はあったのだね。



さて、さて、
明日は帰れるのだろうか。
最悪、こちらでもう一泊しないとダメかも。

幸い回復しても、寄り道せずに真っ直ぐ自宅だなあと、暗い気持ちで一夜を明かしたのでした。


で、今日で旅行のお話は終わるはずでしたが、
またまた長くなったので、もう1回だけ続けます。
いいところでコマーシャルを入れるテレビみたいでごめんなさい。


ぽちっと応援、お願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド生活へ
にほんブログ村



神仙沼は霧の中・・・羊蹄山は恥ずかしがり屋

2019年07月29日

3日目の朝、
お宿の辺りは、目の前のお山の上の方に霧がかかっています。
この日行く予定の神仙沼はどうなのかしら???

まあ、とにかく行ってみましょう、と出発。


しばらく行くと、霧が出て来た。
進むごとに濃くなるぞ。


k0728a.jpg

センターラインも前方3本ほどしか見えなくなった。
アイサイトも霧で機能がOFFに。



k0728b.jpg

まあ、外の気温は11度。

そろり、そろりととにかく駐車場に到着。


k0728c.jpg

とにかく、入り口まで来たのよ。




k0728d.jpg

この木道を歩いて行くのです。
木道は平坦で歩きやすいそうで、15分ほどで神仙沼に行けるそう。

でも、この濃い霧。
遭難したら大変。。。。

で、やめることに。

k0728e.jpg

帰りも途中まで霧。

今回はあまりお天気に恵まれないな。

ニセコの町まで降りて来て道の駅 ニセコビュープラザへ。

こちらまで来ると、良いお天気。
でも、こちらから見えるはずの羊蹄山も頭をが雲に隠れています。
やはりお山のお天気は難しいね。

農産物直売所を見ると、
馬鈴薯から作った「でんぷん」が売っています。
透明なビニールに入って、たしか200円位だったでしょうか。
道の駅で「でんぷん」が売っているのを見るのは初めてだなあ。

きんとき家、
でんぷんは要らないので、こちらでは手作りパンと

k0729i.jpg

大豆に黒豆、小豆を購入。
豆尽くし。。。。


さて次へ。

こちらも「ニセコに来たら寄るよね。」と有名な ニセコ 高橋牧場


幾つかの建物がありますがまずは売店に。


k0728f.jpg

こちらね。
いろいろな乳製品が売っています。



k0728g.jpg

ミニきんときと同じ黒と白の牛さんたち。

写真はないのですが、こちらで買ったチーズタルトがとても美味しかったです。
お薦め。


こちらでお昼を頂く予定なのですが、
神仙沼散策をしなかったので時間がたっぷり。

お土産屋さんの「ニセコの森」さんと「ニセコの風」さんもゆっくり見て回りました。
ちょっとおしゃれな小物とか、女性が喜ぶお店です。
(とうさまは暇そう)


こちらで かあさま、
この旅行唯一の食べ物以外のお土産を購入。


k0728o.jpg

木のおへら。
何に使うかは思案中。笑


それでも、レストランの開店時間までまだ時間が。

こちらでは
地元野菜料理とデザートのブッフェの「プラディーヴォ」と、ピザがいただける「マンドリアーノ」と二つのレストランがあります。

開店までどちらにしようかと悩むきんとき家。

ピザにしようかと思っていたら、
開店を待つ人はブッフェの方が多い。。。。

う~~ん、
やっぱり人の多い方にしようと決めた。


k0728h.jpg

こちらね。
プラディーヴォさん、。




k0728i.jpg

店内の座席はひな壇状になっていて、
どちらのお席からも景色が見渡せるようになっています。


こちらのランチは、メイン料理(量は少な目)を選んで、
あとは自分で食べたいものを自由に持ってくるシステム。

k0728j.jpg

とうさまはお肉料理



k0728k.jpg

かあさまは魚料理。



k0728l.jpg


これにパンが付きます。
さすが牧場、付いているのはマーガリンではなく、バター。うれしい。


k0728m.jpg

たくさん持ってきちゃった。
朝食をあまり食べなくてよかった。
飲むヨーグルトとか、カステラとか売店で売っているものも置いています。

どれも、美味しい。
こちらのお店にして良かったね。

で、お腹いっぱいに・・・・でもこれはパス出来ないよね。


k0728n.jpg

牧場に来てソフトクリームは食べなきゃね。
さすが牧場、美味しかったです。


お腹がいっぱいになって
さあ、出発。


k0728p.jpg k0728q.jpg

道の両サイドは畑。
ちょうどじゃがいもの花が咲いていました。
羊蹄山の周りを走っているのに、山頂が見えない。。。。
羊蹄山は恥ずかしがり屋?



そして、到着。


k0728r.jpg

京極 ふきだし公園



k0728w.jpg

とても澄んだ美しい水。



k0728x.jpg

きれいね。


こちらは


k0728u.jpg

水が噴き出していて




k0728t.jpg

こちらでお水をくむことができます。


こちらは


k0728v.jpg

わんこはNG.


きんとき家、
以前山梨の白州に行った折、お水を汲んできたことがありました。
そのお水でコーヒーやお茶をいれたらとても美味しかったので、
わざわざ自宅からカラのペットボトルを持って来たのでした。
自宅までは持っては帰れませんが、両方の実家に持って行ってあげようと思ったの。

一箱6本入りのペットボトル。
それを2箱。
カラは軽いけれど、お水を入れたら重いよね。2L×6=12L  12キロ
それを2箱。

何度か往復かなって思ったら、


k0728s.jpg

入り口の売店でこんな物をレンタルしていた。
Good Job!
もちろん借りたよ。
楽ちん。
無事お水を汲んだから帰ろうか。


でも、羊蹄山の山頂を見ていない。

k0728z.jpg

こちらの公園は登山の入口。

それでも見えないんだなあ。

なので、ちょっと遠回りをして帰りましょう。


k0729a.jpg

やっぱり、



k0729b.jpg

山頂が見えない。


そして、真狩の道の駅まで来てしまった。


おお、

k0729c.jpg

ちょっと、見えた?



k0729d.jpg

うん、
ちょっと雲がかかっているけれど、まあ見えたね。


これで納得して、高速の入り口を目指します。


k0729f.jpg

その前にちょっと寄り道して「わかさいも」を買いに洞爺湖へ。
こちらに来たら、ほんと良いお天気ね。



k0729g.jpg

湖のお水もとても澄んでいました。



さあ、高速に乗って戻ります。

k0729h.jpg

あまり見る機会のない方向からの駒ヶ岳。
高速を降りて、
もちろん、大沼だんごを買って帰宅しました。

たった2泊3日でしたが、
とっても長が~~~くなっちゃった。




あとは、実家からの帰路のお話。
やっと、あと1回で終わりかな。


ぽちっと応援、お願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド生活へ
にほんブログ村




ニッカと、またまた さくらんぼ

2019年07月27日

積丹を出発し、余市へと向かいます。

余市の中心部へ向かう前に寄るところが。


k0726a.jpg<

南保留太郎さん
燻製屋さんです。

色々な種類の燻製がありました。
枝豆なんかもあったのよ。


k0726b.jpg

買って来たのは、この写真(ちりめんの佃煮を除く)のものと
すでに実家で食べちゃったヘラガニの燻製とお豆腐の燻製。
どれもそれ程、燻製の香りは強くありません。


そして次に向かったのは、もちろんニッカウヰスキーの余市工場。


最初、違う入口の方へ行っちゃった。

k0726c.jpg

駐車場はぐるりと反対側でした。



幾つか建物があって、

k0726d.jpg

こちら博物館。



k0726e.jpg

お出迎えはこの人。
最近、見ないよね。



中には



k0726f.jpg k0726g.jpg

ウィスキー作りを説明したお人形があったり、




k0726h.jpg k0726i.jpg

まあ、可愛い。
熊さんのポスターや昔の製品の瓶が飾ってたり

かつてのコマーシャルもありました。

そして、マッサンやリタさんのことや、
ニッカウヰスキーの歴史などの説明も。

かあさま朝ドラを見ていなかったので残念。
見ていたらもっと楽しかったと思います。


そしてこの建物の中には


k0726j.jpg

有料の試飲コーナーも。
・・・・はい、寄りません。





工場の敷地は広く



k0726o.jpg

見学者は多いのに、写真に人が入らないことも。



k0726k.jpg

ご夫婦が暮らしたお家。
中は一部屋だけお玄関から見ることが出来ます。



k0726l.jpg

リタハウス。
こちらの建物は公開はしていませんでした。




k0726n.jpg

石造りの素敵な建物がいっぱい。
工場とは思えません。



k0726m.jpg

趣きがあるわね。



k0726p.jpg

おっ、
こちらは蒸留棟。

燃料は石炭なのね。
お仕事をされている方は暑いでしょうね。


思いのほか見所があって予定よりも時間がかかってしまいました。

ではでは、、、、、、、、試飲。

カードに名前と年齢を書いて試飲コーナーの入り口で渡します。



k0726q.jpg

アップルワインとウヰスキーは「余市」と「スーパーニッカ」です。
自分で炭酸、氷、お水を加えることが出来ます。

かあさま、
ワインは頂きましたが、ウィスキーは香りを楽しみ、
炭酸で薄めましたが、飲んだのはほんの一口だけでした。



k0726r.jpg

とうさまはこのアップルジュースを頂き
ウヰスキーの香りだけを楽しんだのでした。

チィ~~ン。

駐車場に戻ると結構な車が停まっています。

この台数分の可哀そうな運転手がいるのだなあ・・・・と
思った次第です。



k0727l.jpg

なので、買ってあげましたよ。
高いのじゃないけど。。




さてさて、お腹もすきました。
お昼ご飯です。

余市といったら、海鮮でしょうね。
でも、昨夜たっぷり頂きましたし、実家でも海鮮が出てくることが多いです。


伺ったのは海賊さん。

スープカレーのお店です。


k0726s.jpg

とうさまはシーフード。




k0726t.jpg

かあさまはイカスミ。


これに

k0726u.jpg k0726v.jpg

サラダとラッシーが付きます。

とても美味しく頂きました。
かあさま、
カレーはあまり好きじゃないけれど、スープカレーは好きなの。


お腹がいっぱいなのに向かったのは仁木町。
余市からほんと近くて、びっくり。
お腹がこなれる時間がない。。。。

だって、目的は

仁木町でのさくらんぼ狩り!

旅行記の最初から読まれている方は、
東根であれほどたくさんのさくらんぼを買ったではないか・・・と思われますよね。


そうなのですが、
この旅行の最初の予定では八甲田温泉に泊まることになっていて、東根は予定にはなく、
当初から仁木でのさくらんぼ狩りが予定されていたのでした。

それにあのさくらんぼはすで食べ尽くしたものね。


伺ったのは、今井農園さん。


k0726w.jpg

こちらで栽培されているのは
佐藤錦と小ぶりな品種水門、
そして、まだ収穫期を迎えていない南陽という品種です。
どちらかというとさくらんぼよりもトマト栽培の方が本職かも。

でも、こちらの農園を選んだ理由があるのです。

まあ、仁木町のさくらんぼ狩りはどこの農園も
だいたい、時間無制限で入園料1000円。

東根あたりは
時間60分位で入園料1500円くらい、

以前行った山梨はもっと高かった
40分2000円位の記憶が。


こちら今井農園さんは、時間無制限で1000円のうえ、


k0726y.jpg

この丸で囲んだ小さなバケツ一杯(山盛りはダメ)自分で収穫して
お持ち帰りできるのです。

そう、お土産付なの。

太っ腹!


水門と言う品種はちょっと酸味があるので、
佐藤錦を食べては、摘み
食べては、摘み



k0726x.jpg

こんな美しい




k0727k.jpg

さくらんぼの中で、楽しい時間を過ごします。


スープカレーでお腹いっぱいでそれ程食べられなかったけれど、
ちゃんとバケツをいっぱいに。

k0726z.jpg

とうさまと二人分のお土産のさくらんぼ。

今年は、何年か分のさくらんぼを頂きました。


さて、この日の予定は終わり、
今夜のお宿へと向かいます。


k0727a.jpg

山の中を抜けて、向かったのは




k0727b.jpg


ニセコ五色温泉
ロッジ風のお宿です。
実際、ハイカーの方の宿泊が多く、
下山した後、立ち寄り湯をする方が多いです。

入り口には日帰り温泉の入浴券の自販機がありましたもの。


お宿からは
ニセコアイヌプリとかイワオヌプリとかのお山が見渡せます。



k0727g.jpg

どちらが




k0727f.jpg

どちらのお山かは分かりませんが。笑




k0727c.jpg

お部屋は二階の真ん中あたり、




k0727e.jpg

お部屋からもお山が見えます。




k0727d.jpg

8畳ほどの和室です。
洗面所とお手洗いが付いていてうれしい。
お布団も自分で敷くので、夕食時お部屋を散らかしたままでもOK。.笑


ここのお宿、
温泉がとてもいいのです。
だから選んだんだもの。

そう、源泉かけ流し。
温泉は2か所、
それぞれに露天風呂も付いています。

なのに、また温泉の写真を撮るのを忘れた。
撮影の許可をもらうのが面倒になっちゃったのかな。

どうぞ、お宿のホームページをご覧ください。



さて、お夕食


k0727h.jpg

シンプル、



そして、

k0727i.jpg

お鍋。
蓋を開けたところを撮るのを忘れた。


そして、朝食

k0727j.jpg

こちらもシンプル。
お鮭は美味しかった。

でも前日の、お部屋にお手洗いが付いていない民宿の料金の3分の2で
洗面所とお手洗い付きのお部屋に泊まれるのだからお食事はこれで十分。

積丹はお料理で選び、
ニセコは温泉で選んだから、

満足。


さあ、3日目の始まりです。




ぽちっと応援、お願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド生活へ
にほんブログ村




最新記事