後生掛温泉 泥おんなはいなかったが、・・・トド男がいた!

2017年02月01日

昨年こちらへ来た時にいた「泥おんな」
今年はおりませんでした。(毎年いたら困るよね。)

みなさん普通に泥湯に入られていて、
朝、お湯の流れ口に積んであった泥は
無茶な使い方をする人がいないので、夜になってもそれ程減ってはいません。
今回はゆっくり泥湯を楽しむことが出来ました。


そして、今回も湯治プランの特典で
旅館部のお風呂の1時間貸し切りとオンドル体験がつきます。


今年もとっても楽しみにしていた「オンドル体験」

浴衣を借りてイザ!



i0131a.jpg

幾つかあるオンドルの建物。
今回も極楽寮でしたが
床の隙間から溢れていた湯の華のようなものは、きれいに削られていました。

この日、こちらの部屋に泊まっておられたのは、年配の男性一人、女性一人の計お二人。

お邪魔をしないように二人並んで静かにお昼寝をしましょう・・・・・と思ったら


i0131c.jpg

この衝立の向うの男性。

ゴーゴー、ガーガー、グワァグワァ、・・・・・ガッ!


と、すんごいイビキです。

真昼間からこれほど熟睡できるのかしら?
お酒でも飲んでからお昼寝かしら?
とにかくすごい。



まるで   トド男



i0131bきんとき

湯疲れした体を休めるためにゆっくりお昼寝しようと思っていたけれど、ちょっと無理。

同室の女性が可哀そう。(お部屋を替えてもらうといいのにね。)



とうさまも、ものすごいイビキにびっくり。

かあさまが「とうさまのイビキも同じくらいだよ。」って脅かしたら、

i0131d.jpg

イビキをかかないように横向きでヒッソリと横になっていました。
オンドルなんだから、、背中と腰を温めないと効果ないのにね。

今回は、リラックスできないオンドル体験となりました。




そして、お話変わってある日の朝食。
きんとき家の隣のテーブルに同じくらいの年齢のご夫婦がお食事をしておりました。

この日のおかずの中にシシャモがありました。
そして奥様は黒い巾着袋からおもむろに取り出しました。

「マヨネーズ」


まあ、マヨラーとかいらっしゃいますからそれほど驚きませんが、
驚いたのはそのサイズ。

1キロサイズのマヨネーズなのです。

ちょ、ちょっと持ち歩くのには大きすぎるんじゃない。。。。。

びっくりです。
おまけにマヨネーズをたっぷり食べているのに、太ってない。

いいな。。。。


昨年と同じお宿で変わり映えしないかと思ったけれど
旅先で出会う人たちは毎年違うから、また違う体験が出来てブログの話題になるのよね。

そういうかあさまも、
ミニのきんときを連れて写真を撮ってる姿は、どなたかのブログの「変な人」として紹介されているかもね。

まっ、旅って面白いよね。




天使になったきんときに、ポチっと応援お願いします。

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

スポンサーサイト


最新記事