ほったらかしでも平気な心理。

2017年03月15日

お玄関わきのちっちゃい花壇。

もう、ひどい状態。

今年の冬は特別寒さが続いたというわけではないけれど、
とっても寒い日がぽつんとあったりしたのか、
置いていた鉢植えの植物は、

i0315a.jpg

霜にあたると枯れちゃうお花は消滅し、




i0315b.jpg

こちらも枯れちゃってスペースが空き、
横向きになってしまったものも。
元気なのは白いピオラだけ。


こんな状態になったのは1月くらいだったのに、3月の中旬の今頃までぽったらかし。



i0315c.jpg

やっと苗を買って来た。





i0315d.jpg

枯れたのを植え替え。まだつぼみだけど。




i0315e.jpg

こちらも、植え替え。
こちらもこれから咲き始める。



i0315f.jpg

もとの場所に戻して終了。








今までひどい状態でも
出かける時は、チラ見してパス。

きんときがいた時はこの前で足を洗ったり、
カートを片づけたりと必ずしっかり目に入って気にしてた。


そうなのか?

目に入るか入らないかなのか。。。


そうではないんだと思う。

きんときが亡くなってしばらく、顔も洗わず、歯も磨か無い状態があって。、
(どなたかとお会いすることが分かっている時はちゃんとしたけどね。)

その後、少し改善して歯を磨き顔を洗うようになったけれど、お化粧はしない状態と続き、
今は、最小限身だしなみを整えるようになった。

そんな人間がお花の管理なんて、日常的にするはずないものね。
気分でお花を買って来て、その時は植えて育てようとするけれど。継続しないんだよね。

ただただ、きんときのお仏前のお花だけ買って来ては一生懸命お水を替えている。



あれから1年半。
ちょっと周りに目を向ける気分になって来たのか。



「それにしても野菜は必死で育てているじゃん」というご意見。

その通り。
お庭を破壊したいという衝動から始まった畑つくり。
まだ、ボチボチと続いています。

何故か?


食いしん坊だからじゃい。


天使になったきんときに、ポチっと応援お願いします。

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


最新記事