せつない季節の記憶・・・再び

2017年06月12日

梅雨に入ったけれど、そこそこのお天気が続き、
たまに真夏日もあるきんとき地方。

でも、まだまだ梅雨が本格化するまでは、
日中暑くても湿度は低く過ごしやすいし、夕方には風は涼しくなる。


この時季の皮膚感覚、今年で2年目。
季節の記憶ってあるのよね。


きんときが亡くなった年の6月始め、伊豆に旅行に行って、
下旬にはきんとき最後の旅行となった那須へ行った。
楽しかった記憶。


夕方になり雑用が一段落すると、ふとその当時の事を思い出す。


ほんと幸せだった6月。

そしてその数週間後、地獄がやって来た。
楽しかった記憶は、「負」の記憶へと続く。

この季節の記憶が、
今年も、落ち着いて来ていた気持ちをかき乱し、涙を誘う。

まだまだ精神的安寧は程遠いなあ。

だた、
今救われているのは7月中に完成させなければいけない予約品を製作中なこと。
もう、少しお尻に火が付き始めている(時間的に切羽詰まっている)ので泣いてばかりいられない。
かえってこれがありがたい。



i0612aきんとき


うん、
めそめそしている時間はないものね。



天使になったきんときに、ポチっと応援お願いします。

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村


スポンサーサイト


最新記事