スイカ爆発・・・吉凶

2017年07月31日

先日の7月のお盆に間に合ったスイカ

食べてみたら結構甘いの。

i0731a.jpg

みずみずしいでしょ。

そして、次のスイカはと楽しみにしていたら

i0731b.jpg

桃サイズのこのひとが。

そして、さらに卵サイズのが生ってた。

あと2つは食べられると期待していたら、

ある日、

i0731c.jpg


卵サイズのが爆発していた。


ショック!


そうしたら、またまた卵サイズの実がなって、
うふふ・・・と思っていたら、


i0731d.jpg

また、

爆発した。



i0731e.jpg

こんなん。





何でだ!



と、叫ばないで考えてみた。

両方とも、雷雨の後に爆発していたような気がする。


つまり、プランター栽培なのでお水はぎりぎりの供給。

それが、雷雨でプランターに多すぎるお水が供給されると
卵サイズのスイカは急な水分供給で膨張し、
まだ外側の皮が薄いので耐え切れず、割れてしまう。

こんなストーリーなのだね、きっと。

2つもスイカを失ってしまった悲しいきんとき家。


そしたら、


i0731f.jpg

「小玉スイカと」いうには大きいスイカが我が家に。

腫瘍の手術を無事終えた黒ラブのラブちゃんが元気になったよと送ってくれた。
有名な熊本の「菊池スイカ」



i0731g.jpg

きんときさん、どうぞ。




i0731h.jpg

ちょっと、色の濃いスイカ。
食べるのが楽しみ。

爆発スイカは、ブランドスイカになって我が家に戻って来たのでした。



天使になったきんときに、ポチっと応援お願いします。

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


最新記事