FC2ブログ

おわすれものと…367段の階段

2018年01月31日

色々と苦労はしましたが、無事新花巻の駅に到着。



j0130a.jpg


やれやれ・・・


ミニきんときとの旅行になって3年、
このごろ少しずつ観光らしきことをするようになった我が家。

で、
今回は宮沢賢治記念館と、宮沢賢治童話村を見学。

駅からバスがでています。

が、

道路を挟んで向かい合わせに立つこの二つの施設、
記念館の方は丘の上にあります。
バスの停留所は丘の下の童話村のところ。
バスで行ったら丘の上の記念館へは、長~~~~~~~い階段を登らないとけません。

なので、
駅からタクシーに乗り、先に丘の上の記念館へと行く事に。
それなら、長い階段は下ることになるからね。

駅前にはタクシーが何台かいて、待たずに乗車。
レッツゴー。

到着。
とうさまにお金を渡して、運賃を払ってもらった。

車止めから記念館へ続く道、歩きながらとうさまを見た。

うん?

ボディバッグを持ってないじゃん!


かあさま  「バッグは?」
とうさま   「タクシーに忘れた。」


とうさまのお財布からお金を出したわけじゃないのに、
なんで、ボディバッグを体から離したのだ?

たわけ!


慌てて戻ると、
たまたま運転手さんは日報か何かを記入するのに、少しの間そこにいたらしい。
発車寸前。

とうさま、走って間に合った。

ふう・・・



j0130b.jpg

バッグを受け取って戻って来る人。↑

なんか、今回の旅はいろいろあるなあ・・・・





j0130c.jpg

気を取り直して、記念館を見学。
こちらは館内撮影禁止なので、


j0130dきんとき


j0130eきんとき

撮影OKなのは、これだけ。



記念館を出た所のお向かいには


j0130f.jpg

山猫軒。
お食事が出来るそうです。



続いて、階段を下りて童話村へ。

下りだから少しは楽なのだけれど、

全部で367段。



j0130g.jpg

こんな感じに階段は続いてる。
雪国、屋根がついているのがありがたいね。



j0130h.jpg

雨にも負けずの詩が、一段毎にかいてあるのだけれど、登ってきたら見る余裕は中々ないでしょうね。
下りだって、大変だもの。




j0130i.jpg

やっと真ん中。




j0130k.jpg

やっと丘の下に到着。
旅行中続いた筋肉痛はこの階段のせいもあるのかも。



次は童話村。

賢治の学校と賢治の教室と二つに分かれています。
こちらは写真撮影OKです。


まず、学校から。


j0130mきんとき

入るとまず目にするのは、これ。
ミニきんときを座らせてみました。




j0130nきんとき

賢治の作品にちなんだものが、展示されています。




j0130oきんとき

セロ弾きのゴーシュ、




j0130pきんとき

注文の多い料理店などのミニチュアなんかもあります。



そして、少し離れたところに


j0130q.jpg

賢治の教室があります。




j0130r.jpg

素敵なログハウスが何棟か建っていて、



j0130s.jpg

賢治の作品にちなんだ、鳥の教室や、



j0130t.jpg

動物の教室などがあります。

こちらの施設は記念館に比べると、お子様向けかな。
小学生なら、きっと喜ぶと思います。

大人の私たち、

「このログハウスを維持するのは大変だね・・・」と感想を述べあったのでした。


うん、
夢がない。。。。


そろそろ花巻の市街地に向かうバスの時間、
バス停に向かいます。



j0130u.jpg

バス停から眺めた、あの367段の階段です。


あぁ。   下りにして良かった。

と思った老夫婦でした。



さあ、お楽しみのお昼ご飯だよ。




天使になったきんときに、ポチっと応援お願いします。

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


最新記事