鉛温泉・・・スタイルがよくなる、、、その時だけ。

2018年02月02日

花巻南温泉郷は豊沢川沿いに、何か所かの温泉があります。


今回きんとき家が2泊するのは、鉛温泉 藤三旅館です。


j0203a.jpg


この日はお泊りのお客さんがいっぱいでした。
みなさん、バスで一度に到着するので、チェックインするまでてんやわんや。

無事チェックインしたら、
さあ、温泉。

こちらの温泉は何度もテレビなどで紹介されていて、きんとき家も知っていましたが、
混浴の立ってはいるお風呂しかないのだと思って、ちょっと・・・
っと思っていたのですが、調べてみると、他にも良いお風呂があるのですよ。




j0202h.jpg


j0202a.jpg

有名な混浴のお風呂も、女性専用タイムが3回あります。

男女別の、露天風呂が付いたお風呂。
あと、時間で男女入れ替えのお風呂が2か所、全部で4か所あります。

どちらも源泉かけ流しのいい温泉。
お風呂は撮影禁止ですが、フロントの方に伺ったら、
お客さんが入っていなければいいでしょうと、許可を頂きました。
一日目はとても混んでいましたが、
きんとき家は連泊なので、二日目のお昼間はお客様は少なくて、撮影することができました。


j0202b.jpg

これが有名な立って入る、深~~い温泉「白猿の湯」
階段を下りていきます。

一番深い所は身長160㎝に足りないかあさまのあごの近くまであります。
でも縁には、浅い所があるので、心配ありません。

j0202c.jpg

お風呂の底からお湯が沸いてくるそうです。



j0202d.jpg

このお風呂、なかなかいいです。
女性専用タイムがあるので、安心ですし、
立って入るのはゆったり出来ないのではと思っていたのですが、そうではないのです。


深いお風呂、
全身にかかる水圧、そして浮力。

かあさまの

出っ張ったお腹を、水圧で押して引っ込ませ、

たっぷりの浮力が、

重力に逆らえなかった、胸やお尻のお肉(脂肪)をアップさせ、


スタイルアップをしてくれる(その時だけだけど)温泉です。笑

とうさまもとても気に入っていました。



そしてこちら、男女別の「桂の湯」


j0202g.jpg

ゆったりした内風呂と



j0202f.jpg

露天風呂。
この豊沢川を眺めながら入れるお風呂。
かあさま、一番気に入りました。
時折、舞う雪、
いつまで入っていても、のぼせません。


あと、時間で男女入れ替えになる、


j0202o.jpg

白糸の湯。
こちら、冬の期間は窓が閉められ、現在は窓があり浴場内は湯気でモクモクで写真は撮れず、
このお写真はホームページからお借りしました。


そして、「銀の湯」

j0202p.jpg

お写真はホームページからお借りしました。

こちらはバリアフリーな感じです。
新しいきれいなお風呂でした。


どのお風呂も、いいのよ。

温泉大好ききんとき家、とっても気に入ったのでした。
とうさまなんて、一日に8回くらい入ったんじゃないかな。



次は、お料理などお宿のいろいろです。


天使になったきんときに、ポチっと応援お願いします。

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


最新記事