きんときの震え・・・病院へ

2015年07月23日

きんとき、1回目の生死の淵をさまよってから一週間がたちました。

高熱が出ることは無くなって、微熱程度になったけれど
ちょっといいかなって思っていると、やっぱり調子が悪い・・・の繰り返し。

そして、時たま震えることが。
身体全体ではなくて、首から上、頭の部分です。
必死に痛みに耐えているように見える。



g0723bきんとき



心配。。。。痛みはなくしてあげたい。

でも、今の状態で墨田の病院まで連れて行くのは身体にダメージが大きすぎる。

で、近くの病院へ行ってきました。
(16日に行った病院ではありません。)



g0723aきんとき






救急病院での血液検査の結果と、
処置した内容、
そして、現在飲んでいる薬を持って行きました。

g0723d.jpg

左は、けいれんが起きた時のための坐薬、
袋の中は一回分の服用薬。

かあさま、必死にネットで薬の名前を探し出し、メモして行きました。


先生は、
この中にも痛み止め的な薬も入っているし、
色々な薬が出ているので、これ以上痛み止めの薬を追加するのは副作用が心配。と。

そうなんだ。
薬の副作用は怖い。

痛いのは心配だけれど、命の方が大事だものね。
今回処方されたお薬が終わったら相談してみよう。


g0723cきんとき

ちょっと、疲れたかな。


きんとき、前足も力が入りません。
なんとなく、
これはかあさまが勝手に思っているのだけれど、
今回の中の睡眠導入剤的お薬がきんときのからだの力を抜いてしまっているように感じてしまう。
ごはんの中にお薬を入れて、食べらせて
それから1時間経たないうちに、すごく深い眠り。

お薬は、
薬だけれど、毒でもあるのよね。



頑張るきんときに、ポチっと応援お願いします。

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村






スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bowkinbow.blog91.fc2.com/tb.php/2185-a5d3d015
この記事へのトラックバック


最新記事