きんときのPP・・・あれから一週間、まだ続く

2015年08月31日

まるでお天気のようにドヨンとしたきんとき家です。
かあさま凹みまくりです。

先週の日曜日、
墨田の病院でゆるうんPのお粗相をしてしまったきんとき。

その翌日から異変が始まったのでした。
そうあの「きんとき胃に来た」となってしまったのでした。

この時は漢方の影響か、またはアンピロキシカムの影響かと思っていたかあさま。
でも、老犬のPPや嘔吐は怖いので、近所の病院へ連れて行きました。

「あら、随分とお腹がキュルキュル鳴っているわね。」と先生。
下痢止めのお薬と、お決まりのビオフェルミンRが処方されました。

しかし、これで少しずつ回復してくれるかなという希望は裏切られ、
PPは続き、
PPの中に腸の粘膜が出てくるようになり、
とうとうお菊様からではない、腸からの出血となったのでした。





g0831aきんとき




翌日、また近所の病院へ。

栄養の点滴はないのですかと伺ったら「ない」と言われ、
じゃあと、ビタミン剤を入れた点滴を200cc、
そして、止血剤の注射をしていただきました。


これで、良くなれ!!!


と思ったのですが、

こちらの先生、
「そろそろ覚悟をした方がいいですよ。」と。


な、なんという事をおっしゃるの・・・・・・・





g0831bきんとき





一生懸命お薬を飲んでいるきんときですが
悲しい事に、相変わらずPPは続いています。
老犬に何日も絶食をさせるわけにもいかず、
食べて少しすると、出るという感じです。
嘔吐はその後1回だけでしたが。

その後、「もうそろそろ覚悟したほうが・・・・」と言われた近所の病院へ行くのはよして、
以前「いざという時に、使いなさい。」と墨田の先生に言われていた残っていた皮下点滴をし、
やっと金曜日、とうさまのお休みで墨田の病院へ行ってきたのでした。

でも、これで一安心とは行かず、

え~~ん。

血液検査の結果が。。。。。。

心配なきんときです。

でも、どこからその元気がくるのか、ウロウロ歩いたりしているのですよ。


頑張るきんときに、ポチっと応援お願いします。

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bowkinbow.blog91.fc2.com/tb.php/2224-fc08aadf
この記事へのトラックバック


最新記事