きんときは慢性膵炎

2015年09月07日

きんとき、土曜日の日に墨田の病院まで行ってきました。

もう、2週間も続いているP子、そして1か月以上の食欲不振です。
一週間前に行った時、ステロイドを増やし、
その途中であまりにも良くならないからと電話で相談して、点滴の回数を増やし、
下痢止めのお薬も増やしました。
でも、回復の傾向は見られずでした。

前回のリパーゼの数値がとても高かったので、
かあさまは素人考えですが膵炎を疑い、療法食も膵炎用の低脂肪を買いました。

今回のリパーゼの数値は前回以上に高く、
アミラーゼも正常範囲より高かったのです。

異常に長引いたP子、そして食欲不振。
今回の慢性膵炎の診断で、納得しました。

きんときの過去のリパーゼの数値を見ると、
多少高い時はありましたが正常範囲内でした。
中性脂肪も高くなく、肥満でもない。
ご飯は老齢犬用の低脂肪、
おやつの量は多くない。

ネットで調べたなりやすい子の条件に当てはまるのは、

「高齢」

まあ、多くの病気の要因は加齢だけれど。


もう一つ発症のきっかけで気になったのは、投薬がきっかけというものでした。

きんときが7月に死にかけた時に使った抗痙攣剤の睡眠導入剤的な薬。
きっかけになる薬剤の中にありました。
きんときの体の力を抜いてしまったです。

それに、退院直食後は旺盛だった食欲が、
日を追うごとに無くなり、
そして、震えることもあった。

今さらながら、考えると
この薬がきっかけで、膵炎を発症し、
食欲不振、痛みでの震えがあったのでは・・・・あくまでもかあさまの素人考えですが。



g0907aきんとき

もし、そうならきんときに申し訳ない事をしてしまった。




g0907bきんとき

現在、メラノーマ自体はそれ程大きくなっていないのにね。



今回、膵炎のお薬が増えました。



g0907c.jpg

サプリもこの2つ増え、




g0907d.jpg

消化酵素が増えました。


これからのきんときは、低脂肪のご飯です。

それ程長くはない余生、
好きなものを食べさせてやりたいと思っていたのに。

ほんと、ほんと、ごめんねきんとき。



頑張るきんときに、ポチっと応援お願いします。

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bowkinbow.blog91.fc2.com/tb.php/2231-7aea0a6a
この記事へのトラックバック


最新記事