ボツリヌス療法が必要?・・・と、きんとき懐かし動画 1

2015年10月06日

きんとき、お星さまになってから2週間以上が経ちました。

直後の訳の分からない状態から、
日常へ戻るにしたがって、なお更寂しさが増してきます。
我が子をお空へお返しした皆さんがおっしゃる通り、突如の涙の噴出にとまどいます。
対外的には平静を装い、
そして、お家でもとうさまにもなるべく涙をみせないようにしなきゃね。
だって、とうさまストレスのせいか胃が痛くなり、今週末は胃の内視鏡の検査ですから。

でも、一人の時間が多いかあさま
冷蔵庫を開けてものぞきにくる子がいない。
掃除機をかけるとき、「お掃除だよ」ってケージに入る子がいない。
そして、きんときのお洗濯ものがない。

日常のほんの少しの事で涙が襲ってくるのです。

そうすると、眉間にしわが・・・

日々深くなる眉間のしわ。
ボツリヌス療法の注射をしないといけないんじゃないかと。


g1006aきんとき

はい
いなくなっても、きんときの影響力は絶大ですよ。

暗いブログになっちゃった。
どうしてもね・・・

元気が出るように、きんときの昔の動画を一つずつアップしようと思います。
一緒に懐かしんでくださると、うれしいな。

では、今日は第一作目。

「町娘きんときの危機」




きんとき9歳ころ。
白髪が少ないね。

天使になったきんときに、ポチっと応援お願いします。

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bowkinbow.blog91.fc2.com/tb.php/2252-31c1b9f9
この記事へのトラックバック


最新記事