狙われた家・・・戦う女  は鈍感な女だった

2016年09月29日

このお話は事実です。
ですが、あまりにもその時の状況が緊迫し過ぎて、
そして、その後もショックで写真の余裕がなく実際の写真はありません。
なのでこのブログの写真は後日撮影したものです。


先日午前中、お買い物に出かけるので二階の寝室の窓を閉めようと
階段を登っていくと、ブンブンと音がする。
音の場所はと見ると、二階廊下の窓。

h0929a.jpg



近づいてみると、
なんと、スズメバチが1匹いる。
それも窓の内側…て家の中だよ。
(朝、隣の寝室の雨戸を開けた時、気づかないうちに入ったのか?この窓は開けていません。)


h0929b.jpg

幸運なことにレースのカーテンの内中。
窓を開けると出て行くかもしれないと窓を開けると

ぎゃ~~~~~~!!!!!!!!!!!!!!!!!


反対に外にいた蜂が入って来た、それも10匹近く。
でも、幸運なことに全ての蜂がレースのカーテンの中にとどまっている。

慌てて窓を閉め、(この窓を閉める時幸運にも刺されなかった。)
リビングに殺虫剤を取りに戻る。
幸運にも階段を踏み外すことはなかった。


戻って来てカーテンと壁の隙間から殺虫剤を噴射。


h0929c.jpg


人生でこれ程長くスプレーをしたことがないほど、長く噴射していた。

実際、普通の殺虫剤がスズメバチの効くのかは分からなかったが、
家の中に蜂を拡散させてはならないと、もう必死。

数回噴射を繰り返すと、幸運にも蜂が弱ってきてひっくり返って廊下の床に落ちてきた。
慌てて二階のトイレからトイレットペーパーを持ってきて蜂の上にかぶせてまた一階に戻りビニールの袋を持って来た。
この時も幸運にも階段から落ちることはなかった。

虫は大の苦手で、
今まで虫が出たといっては、とうさまを呼びつけていたかあさま。
でもこの日は一人。。。。

ペーパーをぶ厚くしビニール袋を手にはめて10匹近い蜂を回収。


「力は出るもの出せるもの!」

幼稚園で教えてもらった格言がよみがえった。

蜂を入れた袋を外に持って行って、ゴミ箱に入れようとすると
中でまだモゾモゾと動いている。
もし、袋を破って出てきたら大変と、新聞紙を上に乗せ足で踏んづけてゴミ箱に。

そして二階に戻って窓の外を見ると、
普段開けることのない雨戸の縁に2か所、蜂の塊が出来ている。
数十匹はいそう。(赤丸の所)


h0929d.jpg




放っておいたら巣を作られてしまうと、窓をほんの少し開けてスプレー噴射。
幸運にも最近の(って買ったのは数年前の)殺虫剤はジェット噴射で結構遠くまで届く。
これまた、長~~~く噴射したら
幸運にも二か所の蜂の塊はいなくなった。
戻ってきたら困るので、いなくなった後雨戸の縁にしつこく噴射しておいた。

こうして戦いは終わった。


きんときが亡くなって以来、
きんときの死以上の恐怖や悲しみは無い・・・となってしまったかあさま。
そして、自分の精神が壊れてしまうのが怖くて、色々なことに反応するのを拒んできて
物事を感じる感覚がちょっとおかしくなっていると自覚はあったのだけれど
今回の事は自分でもびっくり。
精神の麻痺が戦う原動力だったようだ、

そして、今回の戦いの勝利は全て

幸運  だったから。


きっと、きんときが護ってくれたんだね。
ありがとう。


天使になったきんときに、ポチっと応援お願いします。

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村





今日ゴミ出しをする時、見つけたゴミの中の蜂の写真。

閲覧注意。



h0929e.jpg






スポンサーサイト


コメント

  1. AKKO | URL | -

    ひょえ~

    虫は虫でもスズメバチだなんて、しかもこれから巣を作ろうとしていたなんてショック。
    悲鳴ものですねぇ。
    古い殺虫剤でも効果があるのは、これまたビックリ。
    結果かあさまおひとりで退治されたのですね。
    退治の仕方が手に取るようにわかります。
    私も子供の頃は素手で平気だったのに、今はセミがひっくり返っているから死んでいるのかと思って触ったら、「ジジジッ」って生きてて悲鳴あげちゃったりすることも多々あります。
    蜂は別格だわ。
    1匹だけでも見つけたら大騒ぎすると猫達がと「何々?」と野次猫状態になるので困りもの。

    無事に退治出来たのも、きんときちゃんのパワーがあったからかもね。
    かあさま、お疲れ様でした。

  2. 空ママ | URL | -

    凄い勇気です!

    スズメバチ…との戦いには相当の勇気が必要です…
    かあさま果敢に戦われたのですね‥
    凄いですよ~10匹に襲われること考えると…怖さしかありません!
    お怪我なくて良かったです♪

  3. リオまま | URL | -

    去年の今頃かしら?ご近所のSさんちにスズメバチが巣を作って市役所の人に来て貰ったらしいですよ❗
    勇気を持って立ち向かいましたね✨

  4. hana | URL | -

    ほんとに刺されなくてよかったです。
    ブログを見てびっくり
    怖かったでしょう
    ゴミ袋の蜂の影をみてあまりの大きさに
    びっくりしました。

    幼稚園で教わった格言 いいですねえ
    私もそれ 心にとめます。

  5. アンディパパ | URL | xfuJKL/2

    刺されなくてよかったです。。。

    こんばんは

    よくお母さまだけで退治されましたよ。。。

    蜂巣が出来たらもっと大変だったかもしれませんね(-_-;)。

    我が家ではゴキブリが出ただけで大騒ぎです(笑)

  6. レノまま | URL | -

    かあさま 凄い! 底力。
    刺されたら大変でしたよ。
    ワタシ....2年前にスズメバチに刺されて、病院へ行きました。
    血圧が190になり、動悸がして!病院では先生の方が慌てていましたよ。

    そして今年は、カーポートの屋根に働きバチが巣を作りました。
    仕方なく駆除業者に依頼しました。
    勝手に巣を作られて数分の作業でこんなに支払うのかと思ったらムッとしました。

    あまり開けない雨戸は、たまにチェックをしないと格好の巣場所ですよね。
    ご近所では、鳥が出入りしてますよ。

    お一人での奮闘は、お気をつけください。

  7. きんとき | URL | -

    AKKOさま

    今考えると、恐ろしいです。

    でもきんときをお空へ送って以来、ちょっと物事に反応が鈍くなっているようです。
    今までだったら普通の虫でも大騒ぎなのにね。

    とにかく何事もなく勝利できたのはきんときが護ってくれていたような気がします。

    野次猫。
    面白いです。
    自分たちも参加している気分なのかしらね。

  8. きんとき | URL | -

    空ママさま

    今さらながら、自分の無謀さにびっくりです。

    最近何事にも反応が鈍くて、
    スズメバチの恐ろしさは知っているのに、戦ってしまいました。
    とにかく何事もなく終わったのは
    きんときが護ってくれたんだろうなと思っています。

  9. きんとき | URL | -

    リオままさま

    あら、まあ!

    最近住宅地にも出没するとニュースでもやっていましたが
    我が家だけではなかったのね。
    巣を作られる前でよかったけれど、
    今日もお庭にスズメバチが飛んでいました。
    まだまだ警戒です。

  10. きんとき | URL | -

    hanaさま

    今考えると、なんて無謀なことをしたのだろうと思います。
    でも、その時はどうにかしようばかりで。

    ゴミ袋、20リットルの小さい袋だから
    蜂が大きく見えたのかも。
    でも5センチはあったような感じです。

    良い格言でしょ。笑
    小さい時のはよく覚えています。

  11. きんとき | URL | -

    アンディパパさま

    わたしも虫は大嫌い、今も。
    でもこの頃、心が鈍感で何も感じず、どうにかしようばかりで、
    無謀なことをしました。

    とんかく何事もなかったのが幸いです。

    きんときが護ってくれたんだと思います。

  12. きんとき | URL | -

    レノママさま

    ママさん、大変でしたね。
    スズメバチはショック死することもある危険な蜂。
    さされたお話を聞くと、
    今さらながら、無謀なことをしたと思います。

    そして今年は働き蜂の巣。
    今度はお財布が痛かったですね。
    でも刺されなくて良かったです。

    とにかく、もう来ないで欲しいですよね。

  13. オビワンシクル | URL | -

    こわい。。。。。。こわすぎる。。。
    本当にさされなくて、、本当に無事退治できてよかったけど。。
    すごい力がでたのね。
    蜂のジェット殺虫剤があってよかった。
    階段から落ちなくてよかった。。
    ああ。。ほんと、読んだだけで身の毛がよだったわ。。
    でもほんともう、きをつけてね。スズメバチはあぶなすぎます。

  14. きんとき | URL | -

    オビワンシルクさま

    今になると、とっても怖い事をしたんだと
    しみじ思います。

    ほんと「幸運」としか言えません。
    運が悪いと外を歩いているだけで刺されることもあるのにね。

    きんときが護ってくれたのね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bowkinbow.blog91.fc2.com/tb.php/2537-ed2d74f4
この記事へのトラックバック


最新記事