スズメバチ騒動で思い出した「幼児生活団」

2016年10月07日

先日の「ズメバチ騒動」で思い出した格言、

「力は出るもの出せるもの」

これは幼稚園の時に教わったものだったなあって、
自分の幼稚園時代の事を思い出した。
(そう、大昔のことよ!)

幼稚園時代って言うけれど、
正確には「幼稚園」ではないのです。

「幼児生活団」というところに3年間通っていたの。

姉なんて、初めは近くの幼稚園に通っていたのに、
途中でこの生活団に転校(転団?)させられた。
親に何かポリシーがあったのかわからないけど、可哀そうなものだわね。

この幼児生活団はちょっと変わっていて、毎日通うのではなくて、
4歳の頃は確か週1回、
その後は週2回ほどだったと思う。

そして昼食やおやつは、
子供の母親たちがわざわざやって来て、お当番で作っていた。


それから、子供たちはそれぞれお印というものがあって、
持ち物とかについていた。
かあさまは赤い「蝶々」
ちなみに、姉は「栗」だったとか。
蝶より栗の方がいいよね。

小さい頃のことだからあまり覚えていることは少ないのだけれど、
一番強烈に覚えているのは、最終年の6歳のときの
「お泊り勉強」
一晩生活団に泊まるのよ。

こちらの建物はどなたかのお屋敷を借りていたみたいで、立派な建物。
浴室は温泉。(温泉街の近くにあるの)
結構広い浴場で、湯の華なんて固まっていたのをなぜか覚えてる。
今なら、ヤッホーって喜んで泊まるけど、
子供だもの寂しくて嫌だよね。

とにかく、毎日じゃなくても通うのが嫌だった。
電車通学(通園?通団?)だったのよ。
さすがに4歳児のころは、母が付き添っていたようだけれど、
少なくとも6歳児の頃は一人で通っていた。
スクールバスなんてなかったもんね。
何でそんな遠くに通わせたのか。。。とにかくかあさまの全ての学生生活で、
唯一の電車通学は幼稚園時代だけ。


h1007aきんとき

これほど可愛い子供じゃなかったけれど、
よく一人で電車に乗って通ったよね。

今の時代では危険で考えられないよね。


天使になったきんときに、ポチっと応援お願いします。

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村




スポンサーサイト


コメント

  1. AKKO | URL | -

    「力は出るもの出せるもの」という教えを幼稚園時代に教わったことを未だに覚えておられるかあさまに驚きましたと同時に「幼児生活団」でというこの文言というか名称に再度ビックリしました。
    とても不思議なものだったんですね。
    毎日通園するのではないというのも電車通園というのも不思議です。
    お泊り勉強というのは、私も幼稚園にお泊りしたということだけ覚えています。
    かあさまより遥か昔のことなのにね(笑)

    足のお怪我はいくらか良くなられたでしょうか?
    足の指ってよくぶつけるんですよね。
    私は、とにかくそそっかしいからよくぶつけてます。半端なく痛いですものね。
    お大事になさってね。

  2. レノまま | URL | -

    きんときちゃんの園児姿ぴったり〜! かわいい〜。

    電車で通園するくらいだから、とても魅力のある幼稚園だったんですね。
    冬の通園は大変だったでしょう?

    幼稚園の頃のことなんて、あまり覚えてないですが、
    2歳違いの妹がいたので、幼稚園初の3年保育に入れられてた私は幼稚園を2回転校しましたよ。

  3. アンディパパ | URL | xfuJKL/2

    可愛いです〜♪

    こんばんは

    園団児で電車通学はすごいですね〜♪
    エピソードとかなかったですか?

    きんときちゃんの園児は可愛いですよ(^^♪

  4. ちょ子ママ | URL | qfe1dUzA

    ほんと、電車に幼児が一人・・・
    今では考えられないですね(^_^;)

    昔(; ̄ェ ̄)は・・・
    母親は家に居るものでしたからね。

    きんときちゃんは何でも着こなしちゃいますね(*≧∀≦*)♥

    このきんときブログを見て・・・
    と言って、何年か前にフエルトを注文して下さった
    九州のイエローラブちゃんが、この度仕上がりました。
    繋げて戴き有難うございます☆
    注文を頂いた時は元気でしたが・・・
    連絡をした時に、昨年亡くなったと知りました・・・

  5. きんとき | URL | -

    AKKOさま

    はい、少し変わったところでした。

    やはり子供なので電車で通うのは嫌で、行きたくなかったです。
    修学旅行に行く年頃と違って、幼稚園児の年齢では
    親元を離れて泊まるのは寂しかったですよね。
    あっ、年齢は私の方が上だと思います。

    お陰様でだいぶ良くなりました。
    ありがとうございます。

  6. きんとき | URL | -

    レノままさま

    ほんと、どんな姿も可愛いきんときです。(親ばか丸出し。笑)

    親が気に入って入れたのかもしれないですが。
    電車で通うのが嫌でした。
    そう、北海道ですから冬は寒くて雪道は歩きにくいしね。

    ママさんは何回も転校でしたか。
    新しい所で慣れるまでは緊張したでしょうね。

  7. きんとき | URL | -

    アンディパパさま

    唯一の電車学が幼稚園なんです。
    あとはみんな徒歩通学でした。

    ちょうど帰りの時間は、近くの高校の帰宅時間と重なることもあって、
    混んでいて、降りれないのではと心配になったりしました。
    通っていた時期は違いましたが、その高校は主人の通った高校でした。

  8. きんとき | URL | -

    ちょ子ママさま

    今なら危険ですよね。
    いい時代だったのよね。
    でも、通うのは嫌だったのよ。

    ほんと、きんときは何でも似合っちゃいます。笑

    まあ、
    思いがけない所でつながっているのね。
    生きている間に合わなかったけれど、
    作って頂けたのは幸せなこと。
    小さくなって戻って来てくれたと、きっと喜んでいらっしゃるわね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bowkinbow.blog91.fc2.com/tb.php/2542-a36d7075
この記事へのトラックバック


最新記事