きんときの 功罪?

2016年10月17日

かあさま
春のはじめ、
秋のはじめ、
季節の変わり目になると、毎年アレルギー症状のようなものが出ていた。

朝起きると、鼻水が止まらない。
ティッシュの箱はすぐに空になってしまう。
でも、数時間すると知らぬ間に治まる変な症状。

でもきんときと暮らし、お散歩をするようになったら、いつの間にかその症状は無くなっていた。
その不快な症状から十数年遠ざかっていた。

が、今年また再発をした。


きんときと暮らして、楽しくて、幸せで、かあさま太った。
でも、お散歩のお蔭で歩くことは苦じゃなかった。

そしてきんときがいなくなったストレスで、過食に走った。
お蔭でとんでも太った。
おまけに引きこもりになって、足腰が弱くなってしまった。


わんこと暮らすと、いい事いっぱい。

でも、いなくなるとその反動で、いろいろ問題が出てきた。




おでぶきん


まあ、いずれにしても太ったのは変わりないけど。




天使になったきんときに、ポチっと応援お願いします。

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bowkinbow.blog91.fc2.com/tb.php/2551-9f4f5922
この記事へのトラックバック


最新記事