「1千万円で愛犬復活」の記事

2017年01月13日

きっと読まれた方も多いかと思います。

愛犬をクローン技術で復活させることが出来るという  「記事

韓国の民間の研究所で1000万円で愛犬のクローンを作ることが可能だと。
こちらの研究所の「トップの前歴がちょっとね」、ということには関係なく、
違和感を持ってしまった。




i0113aきんとき





もちろん我が家には1000万円をかけてきんときのクローンを作る資力はありません。
でも、もし資力があったとしても、作ることはないなあ。
そりゃ、きんときに会いたい、抱きしめたいという気持ちはいっぱいあるけどね。

我が家は特別どの宗教を信仰している訳ではないから、宗教観からという訳ではないけれど


きんときは「もの」じゃない。


と思うから。

きんときはあの一緒に暮らしたきんときだけ。
何年もの間、時間を共有してきたきんときだけ。
いくら遺伝子が同じでも、見た目が同じでもそれはきんときじゃない。。。。。


「魂」が違う。



i0113bきんとき





でも、需要があるからビジネスとしてなりたっているのだよね。
記事の中にもクローン犬の誕生をとても喜んでいる人が紹介されていたもの。

考え方は人それぞれだから、他人に迷惑が掛からないことならいいのだろう。

でも、
そのクローン犬を育てる時のその人は、
クローン犬の元になった最初の犬を育てた時と、年齢も環境も違ってると思うんだなあ。
だから、新たにクローン犬と作る歴史は全然違うと思うんだよね。






i0113cきんとき





天使になったきんときに、ポチっと応援お願いします。

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村





スポンサーサイト


コメント

  1. アンディパパ | URL | xfuJKL/2

    愛犬ではないですよね‼

    こんにちは

    一緒に生活して過ごしたから愛おしいんであって、DNAが同じで姿形が似ていても同じ様な子に育つかは分かりませんしね(-_-;)。

    生き物ですから、同じ系列のこどもを迎えるのが本来ですよ‼

    きんときちゃんはメロンが同じで嬉しそうにしてますね(^ー^)。

  2. AKKO | URL | -

    例え愛犬のクローンであっても、それはクローンであって亡くなった子ではないですから、私は嫌ですね。
    しかも今とても騒がしく以前クローンで不正?だか何だかあった国ですよね。
    違ったかな・・・。
    いずれにしても愛しい我が子は、この世にただひとり。
    そういう技術があっても利用する人は少ないのではないかしら。

    きんときちゃんにメロンは本当にお似合いね。

  3. レノまま | URL | -

    レノが亡くなった時、レノと全く同じ黒ラブだったら欲しい!ってよく思いました。
    (実のところ。。。黒ラブだったら、どれも見た目同じぃ。)


    ど....違うのよね〜。
    それは、クローンで出来た仔でもおんなじ事。

    レノもきんときちゃんも一犬もの(一点物)なんです。

  4. きんとき | URL | -

    アンディパパさま

    そうですよね。

    一緒に暮らした時間、思い出がありますもの。
    遺伝子が同じでも、やなり違うと感じます。

    メロン。
    我が家で収穫したころたんというメロンです。

  5. きんとき | URL | -

    AKKOさま

    そう、
    その研究所の所長という方は、以前なにか問題があった方のようです。

    わたしも、クローン犬には違和感を感じます。
    人それぞれだからいいい、悪いは言えないけれど、
    やはり、
    きんときはきんときだけだと。

    ちょっと帽子には小さいけれど、
    美味しいメロンでした。

  6. きんとき | URL | -

    レノままさま

    そうよね。

    レノちゃんも、きんときも
    唯一、その子だけ。
    かけがえのないものですもの。

    黒ラブを見ると、触りたくなるけど。笑

  7. オビワンシルク | URL | -

    そうね。。。。。ほんとそれ。
    魂。
    同じりえるができあがっても。。それはりえるじゃないもん。
    そう思うと、余計悲しくなる。
    けど、それでも同じ姿が欲しい人もいるのね。。きっと。
    それで幸せなら、その人にとってはそれが一番だよね。

  8. きんとき | URL | -

    オビワンシルクさま

    生物学的に同じでも、
    魂が違うよね。

    共有していた時間も含めての我が仔。

    考え方だから、人それぞれだからうれしい人もいるでしょうね。
    でも私はダメだな。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bowkinbow.blog91.fc2.com/tb.php/2605-6476d7a8
この記事へのトラックバック


最新記事