人間の「時間」と犬の「時間」

2017年02月20日

老犬になってからのお散歩はお家から少し歩いて、
いつもの決まったポイントからきんときはカートに乗っていた。

i0220aきんとき

「楽ちん」




i0220bきんとき

「お腹の湯たんぽが暖ったかなの。」

ぐるりとカートに乗ってお散歩し、
お散歩の最後に公園に到着したら、カートから降りて自分で歩くのがお散歩の日課だった。


i0220cきんとき

これは16歳になった頃のきんとき。
匂い取りをしながらゆっくり、ゆっくり歩いていた。

冬のお散歩は午後2時ころの暖かい時間。




i0220dきんとき

楽しい時間だったね。
まだ子供たちも遊びに来ていなくて、静かな公園の芝生の広場。


その時に時々お見かけしていた、とっても高齢という年齢ではないけれど、
そうね、年金を受け取り始めたくらいの年齢のご婦人もゆっくりと芝生の広場をお散歩されていた。
お見かけしたところ、ちょっと精神的に不安定な方な様子。

お互い干渉することもなく、それぞれ好きなように歩いていた。



そして、きんときが亡くなり
思い出いっぱいのその公園には行けなくて、
車で横の道を通るだけだった。

そして先日、1年半以上ぶりに車の中からそのご婦人が公園から出てくるところを見かけた。

ちょっと白髪が増えていたようだけれど、元気な足取りでお散歩をされていた。

「人間の1,2年ってそれ程変わらないんだな。」って思った。(子供は違うけどね)
まあ、よく見たら結構変わっていたのかもしれないけれど、
何となく、人間と犬の時間って流れる速度が違うんだなって。


人間はだいたい80年とプラスもう少し、
犬はご長寿でも20年はまれ。

4倍の差がある。

そんなに早く過ぎて行く犬の時間を預かる私たち。
ほんと、一緒の時間を大事にしなきゃね。

箱根駅伝常連校、東洋大学チーム
「その1秒を削り出せ!」ってキャッチフレーズだったけ。


わんこ飼いは
「その1秒を無駄にするな!」かな。

自戒を込めて。。。。



使になったきんときに、ポチっと応援お願いします。

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

  1. アンディパパ | URL | xfuJKL/2

    大切な時間ですね!!

    こんにちは

    カートに乗って散歩してるきんときちゃんは良い笑顔ですね(^^♪

    ほんとうに愛犬との時間は今を大事にしたいですね!!

  2. AKKO | URL | -

    きんときちゃんとの思い出の公園に車の中からとはいえ、きんときちゃんとのお散歩でお見かけした女性を再度お見かけされたのですね。ワンコと人では年齢のスピードが違うとはいえ、
    何だかとっても切なくなります。
    私もメグが亡くなってからは、同じ散歩コースにハリーとは、なかなか行けませんでした。

    きんときちゃんの重ね着ルックで歩く姿だけで胸がいっぱいになります。

    風邪の具合はいかがですか?
    しっかり温かくして再度風邪をひかれませんようにお大事になさってくださいね。
    白いお顔も本当に可愛い。

  3. レノまま | URL | -

    懐かしい思い出の公園には、なかなか足を踏み入れることができないですね。
    そのご婦人もきっと、最近は見かけないわ!と思っていらっしゃるでしょう。

    わたしも、先日は久しぶりにレノのお散歩の時によくじゃれ合っていたワンちゃんに会いました。
    とても久しぶりで、鼻先がすっかり白くなっている事に時の流れを感じました。

    シニアになってきて足腰が弱くなり、
    初めて共に過ごす貴重な時間を大切にしなくちゃ!とよく思いました。もっと早く気付けば....

    きんときちゃんのお手製のチェックのコート素敵ですね。

  4. オビワンシルク | URL | -

    本当に。。たった1年が、こどもたちにとっては私たちの1年じゃない。
    最近、ティアラは普通に立っていて、いきなりふらっとこけることが2回くらいありました。
    普段は元気だし、ひらひらジャンプもしてるし、車にもジャンプして乗れるけど、、内側からは老いが迫ってきてるのね。。そう思うと切なくなりますが、それだから、毎日毎時間毎分毎秒、、大事に過ごしたいと思います。
    ごまあーぶらぼー!笑

  5. 香ラブ女 | URL | -

    きんときかぁさん初めまして。

    私も昨年9月ラブラドール女の子を13歳7ヶ月で亡くしました。

    それからラブラドールのブログを沢山見るようになり、きんときかぁさんのブログも拝見してました。

    初め、「この仔の頭の輪っかは何だろう?」って不思議でした。その内分かりました。

    きんときちゃんの加工がユニークでとても可愛くて笑わせてもらったり、お菓子の記事に吊られて買って食べたり、いつも楽しませてもらってます。

    16歳のきんときちゃん、若々しくてとても16歳には見えません。

    かぁさまは親の介護に備えて、ワンコを迎えられないとおっしゃってましたね。

    私は独身で、母はいますが、10数年後のもしもの時に抱えるとなると、母は80歳前後。きっと役に立ちません。私1人だけ。それを考えると、小さい犬にした方がよいはず。でもラブラドールがもう1度だけ飼いたいと思うのです。

    うちの仔は肺がんで亡くなりました。
    後で思えば、1年前から咳をしてました。
    でもそれが咳だとは思わなかったのです。
    肺がんになるなんて思いもしませんでした。
    食欲が落ちたのが夏でしたので、夏バテだろうと思い込んでいました。
    いよいよ食べられなくなって、やっと病院に行ったのです。
    末期の肺がんで、手遅れの様でした。
    抗ガン剤や放射線治療も出来ると獣医さんは言いましたが、何もせずそのまま連れて帰りました。
    苦しそうだったので、もう治療はさせたくありませんでした。
    その後ほとんど食べられずに、水だけは亡くなる前日まで飲んでくれました。
    私が病院で肺がんと認識して9日後、私の腕の中で息を引き取りました。
    病気に気づいてやれず苦しい思いをさせてしまった事、私が飼い主でなければもっと苦しまずに済んだのではとか、思い出すと辛いです。
    今はまだいつもの公園やうちの仔の写真を見るのも辛いです。

    この先、新しいワンコを迎えると10数年後には、また悲しい思いをしなくてはならないと思うと怖いです。
    今は、皆さんのブログで色々勉強させてもらってます。
    でもやっぱり見るのはラブラドールのブログばかりなんです。
    かぁさまもずっとブログ続けて下さいね。
    いつも楽しませてくれて、ありがとうございます。
    初めてで長々とすみません。


  6. きんとき | URL | -

    アンディパパさま

    可愛い仔をお空へ見送った経験のあるパパさん。

    ニコルちゃんとの今の大切さを十分に分かっているから、
    ほんと、よく面倒を見て、一緒にいる時間を大切にされていますよね。

  7. きんとき | URL | -

    AKKOさま

    そうなんです。
    いまだに公園には行けません。
    旅行とかで訪れたところは非日常なのでそうでもないですが、
    毎日行っていた所はまだまだダメです。

    AKKOさんもメグちゃんとの思い出深いところはお辛かったようですね。
    でも、元気付けてくれるハリーちゃんがいるから前に進めるかな。


    お陰様で風邪は良くなりました。
    毎日の気温差が大きいから、AKKOさんも気をつけてくださいね。

  8. きんとき | URL | -

    レノままさま

    旅行とかの非日常で行った所はそうでもないですが、
    毎日行っていた所は、ちょっと辛くていけません。

    今さらながら、犬の時間の短さをつくづく感じます。
    私もママさんと同じで、もっと早く気づいていたら
    もっと充実した時間を過ごせたのじゃないかと、今頃反省です。

    このコートとミニきんときのコートはお揃いなんですよ。
    お気に入りの柄なので、褒めて頂いてうれしいです。

  9. きんとき | URL | -

    オビワンシルクさま

    ほんとに寂しいけれど、犬の時間は早く過ぎちゃうのよね。
    きんときを亡くしてやっと気づいた。
    もっと早く気が付いていたらと、今頃反省です。

    ティアラちゃんも熟女の年齢。
    色々と出てくるのは人間も犬も同じ。
    避けようがないけれど、すこしでも先延ばししたいよね。
    幸せな時間、大事にしてね。

  10. きんとき | URL | -

    香ラブ女さま

    はじめまして、コメントありがとうございます。

    コメント、何度も読み返させていただきました。
    その度に涙が出てしましました。
    まだ亡くされて間もなくて、お辛い日々を過ごされていらっしゃるでしょうね。
    わたしもきんときを亡くしたことに関しては後悔ばかりです。
    あの注射さえしなければ・・・と。
    今でも自分の気持ちもしっかりコントロールできない状態で、
    香ラブ女さんを励ます言葉は見つかりませんが、
    悲しさ、寂しさは、後悔は良く分かります。
    ゆっくり、無理せずにね。


    現実にもう犬は飼えないし、
    今はきんとき以外は考えられないですが
    私もラブラドール以外は考えられないです。

    今はまだまだ次の仔のことは考えられないでしょうが、
    もし、また「ラブ」と暮らしたいと思える時が来たら、
    ラブの保護犬という選択肢もあるようです。
    結局看取るという辛さを味わうのは変わりありませんが。
    でも、次の仔を迎える皆さんは、
    犬が与えてくれる宝物の大きさが
    看取りの辛さ以上だと考えられるのだろうと思います。

    春の訪れとともに、お気持ちが穏やかに過ごせるようになりますように。





コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bowkinbow.blog91.fc2.com/tb.php/2627-78e9063a
この記事へのトラックバック


最新記事