FC2ブログ

鳴子温泉 湯めぐりチケット

2020年01月30日

はい、降り立ったのは鳴子温泉。
昨年、帰郷の際に立ち寄り一泊しました。
でもその時は車だったので、駅は初めて。


l0129a.jpg

鳴子温泉駅。



l0129b.jpg

駅には足湯もありました。

駅にある観光案内所で「湯めぐりチケット」を購入。
全部の旅館ではありませんが、このチケットで立ち寄り湯を楽しむことが出来ます。



でもその前に行くところが。


餅処 深瀬さん

こちらの「栗だんご」が美味しいと有名なのだそう。
夕方には売り切れるとのことなので、温泉に行く前に立ち寄りました。


l0129c.jpg

栗だんご。
栗の甘露煮が入っているお団子に、温かいお醤油の味のみたらしのあんがかかっています。
店内でいただく事が出来ます。

結構お腹がふくれます。

きんとき家が来た時はどなたもいなかったのですが、
食べていると、次々とお客様が。3組ほどたて続けにいらっしゃいました。

うん、売り切れる前に来て良かった。

お腹もふくれたので、さあ温泉へ。



1軒目


l0129d.jpg

鳴子温泉ホテルさん

こちらは3種類の源泉があるそうです。
色々との楽しめて、いいな。


l0129e.jpg

フロントで湯めぐりチケットのシールを渡し、立ち寄り湯の首から下げるカードをもらいます。

こちらは時間で女湯、男湯が入れ替わります。
伺った時間「玉の湯」が女湯。

l0129f.jpg


日によってお湯の色が違うそう。
この日の女湯は乳白色。


写真は撮れないので、ホームページからお写真をお借りしました。


l0129g.jpg

内風呂はとても広い。

でも、気に入ったのは「青畳石風呂」
このお湯はちょっと緑がかっています。
とてもいい感じ。


そして男風呂は「芭蕉の湯」


l0129h.jpg

この日のお湯は白緑。



l0129i.jpg

こちらも良さそう。
露天風呂が広いみたい。

ゆっくり楽しみました。


さて、次へ。


l0129j.jpg

「姥の湯」さん

義経伝説のお湯だそう。

まあ、それはあまり興味はないけれど


l0129k.jpg

こちらを選んだのは4種類の源泉があり、
そして、どれも源泉かけ流しなこと。

う~~ん、楽しみ。


l0129o.jpg

こちら露天風呂。
この時間は混浴だったので、かあさまは入らず。
とうさまによると、良いお湯だったそう。




l0129m.jpg

義経の湯。
なかなか良いお湯。




l0129n.jpg

亀若の湯。
こちらちょっとぬるめ。
ゆっくりお湯を楽しめます。





l0129l.jpg

そして一番良かったこけしの湯。
こちらは皆さんもお気に入りで、人がいなくなることがなかったので、
ホームページと旅行サイトのお写真です。


姥の湯1




姥の湯

この小さい方の写真のほうが実物に近いかな。

このこけしの湯は硫黄泉。
湯船も洗い場も木で、湯の花で白くなっていて、とてもいい雰囲気。
お湯もいい!
人気な訳が分かります。


どのお湯もとても良くて大満足。


しか~~~し、

一つ難点が。

お風呂ががそれぞれ離れているので、
お湯ごとに服を脱いで、着てと大変。
冬はなお更。

宿泊して浴衣なら問題ないんだけれどね。
やはり日帰り客らしい女性が、お風呂からお風呂場へ行く時、
コートから出ていた足は生足、服を抱えて走って行った。(コートの下は裸?)
マイ浴衣持参だと楽ね。

立ち寄り湯2か所でそろそろ時間に。

お昼ご飯を食べる時間がなくなっちゃったけれど
栗だんごを食べたからお腹は空いてない。
夕食が美味しく食べられそう。


鳴子温泉駅にお宿のお迎えが来てくれます。

さあ、駅に戻ります。






スポンサーサイト





コメント

  1. アンディパパ | URL | xfuJKL/2

    楽しめましたね(^ー^)

    こんばんは

    名湯の鳴子温泉で温泉めぐりを楽しんだんですね(^ー^)

    確かに普段着のままで巡るのは着替えも大変ですよね!!

    それと、名物の美味しい物も先に食べれて良かったです~♪

  2. レノまま | URL | -

    その土地の名物を頂くことも旅の楽しみの一つですよね。
    栗団子とっても美味しそう。食べてみたい!!

    鳴子温泉駅って、季節柄なんでしょうか?
    ひっそりとした寂しい感じ。

    確かにぃ〜〜温泉ハシゴも着替えの繰り返しで、良し悪しですね。

  3. きんとき | URL | -

    アンディパパさま

    鳴子温泉は日本で出る11種類の温泉のうち、
    9種類があるそうで、楽しい温泉です。

    宿泊だと浴衣で色々なお風呂を楽しめるのですが、
    日帰りだと着替えが大変。
    冬はなお更です。

  4. きんとき | URL | -

    レノままさま

    はい、名物は是非食べてみたいです。

    駅まで送迎してくださったお宿の方も
    お客様が減っているとおっしゃっていました。
    鳴子温泉と泊まった温泉の間にあるスキー場も売りに出されていましたし。

    そうなの。
    鳴子温泉ホテルのように1か所に色々な温泉があるといいのですが、
    お風呂が別々だと、もう大変。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bowkinbow.blog91.fc2.com/tb.php/3161-603790de
この記事へのトラックバック


最新記事